「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
WSET Level3 アドバンスコース 第11回目受講
2017-08-10 Thu 13:58
異常な蒸し暑さが毎日続いております

日頃の忙しさにかまけ更新をおサボリしていたところ、気がつけば前の記事から2ヵ月が経過しておりました^^;

今日は久しぶりに平日お休みのため、のんびりとブログ更新してみます。

早いもので、WSET Lelel3 の講義も先週の土曜日で11回めのセッションが終了となりましたが、こちらは毎回真面目に予習のうえ参加しております

7月末の10回目にはテイスティングの模擬テストがあり、クラスで2位、得点も『優』格付けでの合格圏とまずまずの成績でありましたが、白も赤も正解とは違う品種を想定してのコメントを書いており、反省点の方が多い結果となりました。

先ず白ワインはスペイン、リアスバイシャスのアルバリーニョだったのですが、ミネラル感のあるシャープな酸味からシャブリと見当をつけ、「だったらマロラクティック発酵由来の『バター』が正解コメントの一つだろうと書いてしまったことが反省点としてあります。
正直言って『バター』のニュアンスはほとんど感じられなかったのに、産地と品種の思い込みから策を弄してしまいました><

赤ワインも濃い色調と全体的な印象から、「これは温暖産地のフルボディのワインのコメントを求めているのか?」と、オーストラリア、バロッサ・ヴァレーあたりのシラーズかなと最初に思い込んでしまい、アルコール度数やボディのコメントを間違ってしまいました。
正解はボルドー・メドックの格付けシャトー「Ch.カントメルル」であり、品種も全く違っておりました。
あとで思い返せば、シラーズらしい肉肉しい感じはなく、逆にカベルネ・ソーヴィニヨンらしい杉やミントのニュアンスが徐々に感じられてきたのですが、以前講義でも出されたポイヤックの格付けシャトーのような明確さはなかったため、最初の印象で突き進んでしまいました。
格付けシャトーの中ではメルローの比率が半分以上と多いため、その果実感やボディのふくらみに騙されてしまったこともあると思われます。

    IMG_1481.jpg

7月29日、第10回目の講義で出されたワインたち。(の2本が模試で出題された白と赤)

毎回そうですが、講義に出されるテイスティングサンプルは、その産地&品種&ワインのレベルの個性が明確であるため、テイスティングコメントも明確にカテゴライズし記すことができます。
この点、我流での学習を続けていたらボヤっとしたままであったので、このスクールの講座を選んで良かったと思います。

試験本番まではあと2ヵ月あるため、さらに学習を進め、修正を加えていきたいと思います
スポンサーサイト
別窓 | WSET | コメント:0 | トラックバック:0 
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 『キュリオシティ』OPEN一周年記念ワイン会参加>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3