「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
WSET Level3 アドバンスコース 第3・4回目受講
2017-05-21 Sun 18:46
先週の土曜日(5月13日)と昨日(5月20日)にWSETのアドバンスコース第3回目と第4回目を受講してきました

第3回目はいよいよ“ワインの醸造”というこのプログラムの核心部分の講義となり、第4回目は、欧州伝統国冷涼産地の白ワインということで、アルザス地方、ドイツ、オーストリア、トカイ地方のワイン5種類のテイスティングをメインに進んでいきます。

何れも内容的には、2時間の授業がアッという間に感じるくらいの非常に“凝縮感の高い”講義内容で、その何倍もの時間を予習に費やさないとはるか遠くに置き去りにされること間違いないでしょう。

さすがにLevel3ともなると、受講されている方々もそれなりの強固な意志を持っている方ばかりということは教室の空気から伝わってきて、いい意味でとても刺激になります。

    IMG_0375.jpg

昨日テイスティングを行った5種類の白ワイン。

この日は気温も30度近くに上昇したため、テイスティングでの分析を抜きにして、とても美味しい白ワインばかりだったのですが、特に最後の「Tokaj Aszu 5 Puttonyos Berry’s Label 2011」は秀逸!

“泣く子も黙る”スペインワインの最高峰ワイナリー『ベガ・シシリア』がトカイで醸す貴腐ワインなのですが、価格が6,050円と聞き二度びっくりΣ(゚□゚(゚□゚*)
「これソーテルヌだったら間違いなく最低その倍はするんじゃね?」と思うくらいコスパ抜群の貴腐ワインでありました。

次回は2週間後に、いよいよブルゴーニュ、ボルドーの白ワインということで、葉山考太郎さん流にいえば“銀河系の中心となるワイン銘醸地”に突入となります。

自宅での教科書での予習はそれなりに付いては行けているのですが、まだテイスティングは全く手付かずの状態Σ(´Д`*)

もっとモチベーションアップを図っていかなければなりませんb(’0’)d
スポンサーサイト
別窓 | WSET | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ブドウ栽培2017その3 開花 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 「第1回J.S.A.ブラインドテイスティングコンテスト予選」結果発表>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3