「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
「第1回J.S.A.ブラインドテイスティングコンテスト予選」結果発表
2017-05-19 Fri 05:30
「第1回J.S.A.ブラインドテイスティングコンテスト」予選の結果発表が16日にあり、翌17日には飲料銘柄の発表がありました

このコンクールのための準備をほとんどしないでの参加のため、予選通過はあり得ないことは分かってはいたのですが、それでもブドウ品種は2つくらいは当たっているかなという根拠のない期待はあったのですが・・・。

蓋を開けてみれば、当たっている品種はシャルドネ一つのみという大惨敗・・・。

極めつけは芋焼酎と泡盛を間違えている大失態・・・。

正解のブドウ品種をみると、これだけではさほど難しいようには見えませんが、オーストラリアのシラーズはロゼだったし、ムーラン・ア・ヴァンは色も濃く、獣臭がプンプンしている普通抱いているガメイの特徴とはかけ離れたものでした。
南アフリカのグルナッシュも、とても明るいルビーの色調で、口に含んだ印象もエレガントであったため、ピノと間違えているし・・・。

やはり生産者までズバリ当てまくることが出来るのは、漫画の世界だけの話なんだなとつくづく思った次第であります(//>ω<)

それでも前回のワインエキスパートコンクール覇者である和田大さんが、しっかりと決勝に駒を進めているのは、もう流石としか言いようがありません。
トップクラスに君臨し続ける、そのモチベーションの持続力は、真似しようとしても真似できるものではありませんが、やはりその域に達しないことには、毎回決勝には行けないということなのでしょう。


ま、テイスティングに関しては“落ちるところまで落ちた”感じはありますので、これからの奮起で、秋のWSET試験にはまたピークに達するよう修行を積んでいくしかありません。

特にWSETのテイスティング作法は、日本ソムリエ協会の作法では不正解となってしまうことも多々あるため、今日からまた頭の中をリセットしワインを飲み続け・・・、いや勉強していきたいと思います
スポンサーサイト
別窓 | ソムリエコンクール | コメント:2 | トラックバック:0 
<<WSET Level3 アドバンスコース 第3・4回目受講 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 「第1回J.S.A.ブラインドテイスティングコンテスト予選」参加>>
この記事のコメント
no.367:
コンテストお疲れさまです。
私も出場しましたがダメダメでした。
品種もシャルドネしかあたらず、芋焼酎も泡盛と間違えました。
赤ワイン2つとも当てた人いたら是非一緒に飲みたいですヾ(@゜▽゜@)ノ
2017-05-19 Fri 22:47 | URL | ばんちょ #-[ 内容変更]
no.368:Re: タイトルなし
ばんちょさま

コメントありがとうございます。

同じくコンテスト出場、お疲れさまでした。

お互いに似たような解答だったんですね。
自分だけではなかったと、ちょっと安心しました^^;

来年もあるかどうかわかりませんが、これからもお互いに
精進していきましょう^^ノ
2017-05-21 Sun 10:45 | URL | シャトー・ロベール #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。