「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
ぶどう栽培2017その①『休眠期』
2017-01-15 Sun 20:36
今年一番の寒波襲来ということで、日本海側は大雪、私の故郷佐渡でもかなりの積雪となっているようです

もっとも今住んでいる千葉県の方では、寒いものの風もあまりない晴天の日が続き、日中の日差しは暖かさを感じるくらいで、同じ日本でも全く違う世界のようであります


さて、昨年の春に庭のプランターに植えたぶどうの樹も、葉がすべて落ち、休眠期に入っております。

     ブドウの樹20170115

右側がカベルネ・ソーヴィニョン、左側がマスカット・ベーリーA

昨年は苗を植えて一年目ということで、両方とも好きなように伸ばしておいたのですが、画像でもお分かりのようにカベルネ・ソーヴィニョンの方が樹勢が強く、2倍以上枝が伸びているのが分かります。
仕立て方は、畑と違い垣根仕立てや棚仕立ては出来ないので、プランターの支柱にらせん状に枝を誘導する“行灯仕立て”。
画像は葉が落ちてから余分な枝を剪定した状態で、主幹がぐるぐると支柱に巻き付いているのがわかります。

     ブドウとブルーベリーの苗木

これが昨年4月上旬に苗を植えたばかりの状態。

     庭のぶどう20160606

これは同じく6月の梅雨入り前の状態。
カベルネ・ソーヴィニョンと、マスカット・ベーリーAの葉の形の違いなどがハッキリと分かります

6年前にデラウエアを植えたときには、度重なるコガネムシの襲来で枯れてしまったのですが、今年は多少の被害はあったものの順調に成長しました。
一年目で実は付けなかったのですが、今年は実を付ける期待を込めて、ぶどうの生育サイクルをレポートしてみたいと思います。

     チューリップ1

     チューリップ2

冬になって庭が寂しくなってきましたので、先月上旬にチューリップの球根を植えました。

春になって花が咲くのが今から楽しみです
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<WSET説明会参加 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | コンクールに向けての対策・勉強法について(その②テイスティング試験対策)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3