「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2016年度「カナダ」、「アルゼンチン」一次試験対策問題&解答
2016-08-03 Wed 00:09
7月28日にアップしました「オーストリア」の対策実戦問題、問30番の解答を誤って記載してしまいました。
お詫び致しますとともに、訂正しております。

さて、今回は「カナダ」と「アルゼンチン」の一次試験対策実戦問題と解答をアップ致します。

「カナダ」は地図の内容が一部変わっており、昨年版で勉強されている方は注意が必要です。

「アルゼンチン」は記述が大きく変わっておりますが、試験に関する内容自体は大きく変わってはおりません。
これまで3つあったD.O.が2つに修正されているところが、注意すべき箇所と言えるかもしれません。


2016年度「カナダ」一次試験対策実戦問題&解答

【問1】 カナダのワイン造りを始めたのは何年に、どこで、誰が始めたか?:(       )年、(             )州、(              )

【問1】 カナダのワイン造りは何年に、どこで、誰が始めたか?:( 1811 )年、( オンタリオ )州、( ジョン・シラー )

【問2】 アイスワイン用として最も生産量が多いブドウ品種は(         )で、(           )と(            )の交配品種である。

【問2】 アイスワイン用として最も生産量が多いブドウ品種は( Vidal ヴィダル )で、( Ugni Blanc ユニ・ブラン )と( Seibel 4986 セイベル )の交配品種である。

【問3】 カナダのワイン産地は①(       )州と②(            )州に集中しており、その中でも特に①州では(              )地区、②州では(            )地区が主要ワイン産地となっている。

【問3】 カナダのワイン産地は①( オンタリオ )州と②( ブリティッシュ・コロンビア )州に集中しており、その中でも特に①州では( ナイアガラ・ペニンシュラ )地区、②州では( オカナガン・ヴァレー )地区が主要ワイン産地となっている。

【問4】 カナダの「ブドウ醸造業者資格同盟制度」のことを(     )といい、特定栽培地域のことを(                      )という。

【問4】 カナダの「ブドウ醸造業者資格同盟制度」のことを( VQA )といい、特定栽培地域のことを( Designated Viticultural Areas = DVA )という。

【問5】 原産州表示で“Ontario”や“British Columbia”と表示するためにはその州産のブドウを(      )%使用しなければならない。

【問5】 原産州表示で“Ontario”や“British Columbia”と表示するためにはその州産のブドウを( 100 )%使用しなければならない。

【問6】 特定栽培地域の表示では、オンタリオ州の場合は、該当する地域のブドウを(    )%以上使用したものであり、ブリティッシュ・コロンビア州の場合は(    )%使用したものである。

【問6】 特定栽培地域の表示では、オンタリオ州の場合は、該当する地域のブドウを( 85 )%以上使用したものであり、ブリティッシュ・コロンビア州の場合は( 95 )%使用したものである。

【問7】 ブドウ畑名を表示する場合は、該当するブドウ畑から穫れたブドウを(      )%使用しなければならない。

【問7】 ブドウ畑名を表示する場合は、該当するブドウ畑から穫れたブドウを( 100 )%使用しなければならない。

【問8】 収穫年の表示では、オンタリオ州の場合は、該当する年のブドウを(    )%以上使用したものであり、ブリティッシュ・コロンビア州の場合は(    )%使用したものである。

【問8】 収穫年の表示では、オンタリオ州の場合は、該当する年のブドウを( 85 )%以上使用したものであり、ブリティッシュ・コロンビア州の場合は( 95 )%使用したものである。

【問9】 単一品種ワインの場合、ラベルに明記されている品種から造られたワインが(    )%以上含まれていなければならない。

【問9】 単一品種ワインの場合、ラベルに明記されている品種から造られたワインが( 85 )%以上含まれていなければならない。

【問10】 カナダ最大の特別栽培地区は(                     )で、オンタリオ州のワインの(    )%以上がこの地区で生産されている。

【問10】 カナダ最大の特別栽培地区は( Niagara Peninsula ナイアガラ・ペニンシュラ )で、オンタリオ州のワインの( 50 )%以上がこの地区で生産されている。

【問11】 カナダ最西端に位置するワイン生産州は(               )州で、その80%以上が(                   )にある。

【問11】 カナダ最西端に位置するワイン生産州は( ブリティッシュ・コロンビア )州で、その80%以上が( Okanagan Valley オカナガン・ヴァレー )にある。

【問12】 上記の州は北緯(     )度~(     )度に位置する。

【問12】 上記の州は北緯( 49 )度~( 50 )度に位置する。


「アルゼンチン」一次試験対策実戦問題&解答

【問1】 アルゼンチンのブドウ栽培地は(         )山脈の麓、南緯(    ~    )度に広がる。

【問1】 アルゼンチンのブドウ栽培地は( アンデス )山脈の麓、南緯( 22 ~ 42 )度に広がる。

【問2】 アルゼンチンでは(      )人宣教師が(      )年代に、ペルーから(       )山脈を越えてぶ、ブドウ樹を運び植え付けたとされる。

【問2】 アルゼンチンでは( スペイン )人宣教師が( 1550 )年代に、ペルーから( アンデス )山脈を越えてぶ、ブドウ樹を運び植え付けたとされる。

【問3】 上記のブドウ品種は、アルゼンチンでは(        )、チリでは(      )、カリフォルニアでは(       )と呼ばれている。

【問3】 上記のブドウ品種は、アルゼンチンでは( クリオージャ )、チリでは( パイス )、カリフォルニアでは( ミッション )と呼ばれている。

【問4】 太平洋からの湿った風はチリを越えると乾燥した暖かい風となるが、その風の名前は?:(          )

【問4】 太平洋からの湿った風はチリを越えると乾燥した暖かい風となるが、その風の名前は?:( Zonda ゾンダ風 )

【問5】 アルゼンチンのブドウ栽培地域の気候区分は?:(      )性気候

【問5】 アルゼンチンのブドウ栽培地域の気候区分は?:( 大陸 )性気候

【問6】 アルゼンチンの畑は標高何m~何mにあるか?:(     ~     )m、また平均の標高は何mか?:(      )m

【問6】 アルゼンチンの畑は標高何m~何mにあるか?:( 300 ~ 3000 )m、また平均の標高は何mか?:( 900 )m

【問7】 アルゼンチンの昼夜の寒暖差は(      )℃に達する産地もあり、世界でも最も大きいもののひとつである。

【問7】 アルゼンチンの昼夜の寒暖差は( 20 )℃に達する産地もあり、世界でも最も大きいもののひとつである。

【問8】 アルゼンチンの二大品種は①(       )と②(       )で、①はフランス南西部のカオールでは(      )、あるいは(       )と呼ばれる。②は(      )原産であり、3つのクローンがあり、優良なワインでは(             )が主に用いられている。

【問8】 アルゼンチンの二大品種は①( マルベック )と②( トロンテス )で、①はフランス南西部のカオールでは( コット )、あるいは( オーセロワ )と呼ばれる。②は( スペイン )原産であり、3つのクローンがあり、優良なワインでは( リオハーノ・トロンテス )が主に用いられている。

【問9】 黒ブドウの栽培面積第2位は?:(             )

【問9】 黒ブドウの栽培面積第2位は?:( Bonarda ボナルダ 

【問10】 D.O.に認定されている2地区は?:(                        )、(                      )

【問10】 D.O.に認定されている2地区は?:( Lujan de Cuyo ルハン・デ・クージョ )、( San Rafael サン・ラファエル )

【問11】 北部地方のサルタ州の代表的産地は(         )で、ブドウ畑の標高は(       )mを越えて、世界でも最も高いブドウ畑とされている。

【問11】 北部地方のサルタ州の代表的産地は( カファジャテ )で、ブドウ畑の標高は( 3000 )mを越えて、世界でも最も高いブドウ畑とされている。

【問12】 クージョ地方のクージョとは方言で(      )という意味で、アルゼンチンのワイン生産の(     )%が(        )に集中している。

【問12】 クージョ地方のクージョとは方言で( 砂漠の国 )という意味で、アルゼンチンのワイン生産の( 80 )%が( メンドーサ )に集中している。

【問13】 メンドーサは5つのサブリージョンに分類されるが、メンドーサ最大の産地は(          )である。

【問13】 メンドーサは5つのサブリージョンに分類されるが、メンドーサ最大の産地は( 東部メンドーサ )である。

【問14】 アルゼンチン第2のブドウ・ワイン産地は(                )で、ここで国際的に評価されているブドウ品種は(      )である。

【問14】 アルゼンチン第2のブドウ・ワイン産地は( San Juan サン・ファン )で、ここで国際的に評価されているブドウ品種は( シラー )である。


以上で「カナダ」と「アルゼンチン」の一次試験対策実戦問題と解答は終了

次回は「チリ」の対策実戦問題と解答を予定しております。
スポンサーサイト
別窓 | ソムリエ協会呼称資格試験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<2016年度「チリ」一次試験対策問題&解答 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2016年度「アメリカ」一次試験対策問題&解答>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3