「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2016年度「ポルトガル」一次試験対策問題&解答
2016-07-24 Sun 12:53
スペインの次は隣国のポルトガルの一次対策実戦問題になります。

ポルトガルは近年、日本ソムリエ協会がこの国だけのコンクールを開催したり、協会自体がとても力を入れている国のひとつであります。

ポルトガルというと、ポートやマデイラに代表される“酒精強化”ワインがなんといっても重要で、これまでの試験の中心となっておりましたが、近年は独自のブドウ品種を活かしたスティルワインでも注目されており、個性的なワインの産地としても試験対策としてでなく探求していきたい国であります。


2016年度「ポルトガル」対策実戦問題&解答

【問1】 世界三大酒精強化ワインとは、スペインの(          )、ポルトガルの(         )と(         )である。

【問1】 世界三大酒精強化ワインとは、スペインの( シェリー )、ポルトガルの( ポート )と( マデイラ )である。

【問2】 スペインのTempranillo テンプラニーリョは、ポルトガルでは(             )あるいは(            )と呼ばれている。

【問2】 スペインのTempranillo テンプラニーリョは、ポルトガルでは( Tinta Roriz ティンタ・ロリス )あるいは( Aragonez アラゴネス )と呼ばれている。

【問3】 白ブドウの栽培面積第1位は(                 )で、そのシノニムは(                )である。

【問3】 白ブドウの栽培面積第1位は( Fernao Pires フェルナォン・ピレス )で、そのシノニムは( Maria Gomes マリア・ゴメス )である。

【問4】 (        )年に世界初の原産地呼称管理法が成立した。

【問4】 ( 1756 )年に世界初の原産地呼称管理法が成立した。

【問5】 (       )年にEUに加盟し、2008年のEUワイン法の改訂に伴い、ポルトガルのワイン法も次のとおり変更された。(         )=原産地名称保護、(       )=地理的表示保護、(       )=地理的表示のないワイン

【問5】 ( 1986 )年にEUに加盟し、2008年のEUワイン法の改訂に伴い、ポルトガルのワイン法も次のとおり変更された。( D.O.P. )=原産地名称保護、( I.G.P. )=地理的表示保護、( Vinho )=地理的表示のないワイン

【問6】 ポルトガル北西部に位置しスペイン国境となる(        )川一帯に広がる栽培地域は(        )で、ポルトガルの栽培面積の(     )%を占める。

【問6】 ポルトガル北西部に位置しスペイン国境となる( ミーニョ )川一帯に広がる栽培地域は( Minho ミーニョ )で、ポルトガルの栽培面積の( 14 )%を占める。

【問7】 ヴィーニョ・ヴェルデのヴェルデとは日本語で(       )という意味。

【問7】 ヴィーニョ・ヴェルデのヴェルデとは日本語で(  )という意味。

【問8】 問6の栽培地域には(    )つのサブリージョンがあり、土壌は(      )を主体とする。

【問8】 問6の栽培地域には( 9 )つのサブリージョンがあり、土壌は( 花崗岩 )を主体とする。

【問9】 デュリエンセの産地は、ドウロ川の下流から上流に向かって順に、(           )、(           )、(           )の三つに区別され、最も品質の高いぶどうが産出されるのは(        )である。

【問9】 デュリエンセの産地は、ドウロ川の下流から上流に向かって順に、( バイショ・コルゴ )、( シマ・コルゴ )、( ドウロ・スペリオール )の三つに区別され、最も品質の高いブドウが産出されるのは( シマ・コルゴ )である。

【問10】 ポートのブドウ畑は(            )と呼ばれる特有の格付けがなされ、(       )段階に区別されている。

【問10】 ポートのブドウ畑は( カダストロ )と呼ばれる特有の格付けがなされ、( 6 )段階に区別されている。

【問11】 ポートワインは、発酵中の液を抜き、それに(      )%のグレープアルコールを添加して発酵を止める。甘さの段階は、エクストラドライからヴェリー・ドライまで(     )段階ある。

【問11】 ポートワインは、発酵中の液を抜き、それに( 77 )%のグレープアルコールを添加して発酵を止める。甘さの段階は、エクストラドライからヴェリー・ドライまで( 5 )段階ある。

【問12】 ポートワインのアルコール度は(     )度から(     )度までに限定され、(                 )と呼ばれるホワイト・ポートだけは例外的に最低(     )度まで認められている。

【問12】 ポートワインのアルコール度は( 19 )度から( 22 )度までに限定され、( ライト・ドライ・ホワイト )と呼ばれるホワイト・ポートだけは例外的に最低( 16.5 )度まで認められている。

【問13】 ポートワインは、まず黒ブドウを原料にした①(             )と、白ブドウを原料にした②(           )の2種類に大別できる。
また①では、さらに、③(            )タイプと④(           )タイプの2種類に分類できる。

【問13】 ポートワインは、まず黒ブドウを原料にした①( レッド・ポート )と、白ブドウを原料にした②( ホワイト・ポート )の2種類に大別できる。また①では、さらに、③( ルビー )タイプと④( トウニー )タイプの2種類に分類できる。

【問14】 問13の③タイプは平均(      )年間の樽熟成後に瓶詰めされる若いタイプのポートワイン。④タイプは小さい樽で熟成させるなどして酸化が進み、ワインが黄褐色に色が変わったことから、(             )と呼ばれる。

【問14】 問13の③タイプは平均( 3 )年間の樽熟成後に瓶詰めされる若いタイプのポートワイン。④タイプは小さい樽で熟成させるなどして酸化が進み、ワインが黄褐色に色が変わったことから、( トウニー )と呼ばれる。

【問15】 (                 )は、その年の作柄が特に優れたブドウから造られ、収穫から2年目の7月初めから3年目の6月まで濾過せずに濃色瓶に詰められる。ワインはデカンタージュが( 必要 ・ 不要 )

【問15】 ( Vintage Port ヴィンテージ・ポート )は、その年の作柄が特に優れたブドウから造られ、収穫から2年目の7月初めから3年目の6月まで濾過せずに濃色瓶に詰められる。ワインはデカンタージュが( 必要 )

【問16】 (                 )は、(問15)には達しないが、それに続くと思われる作柄のブドウを原料とし、(       )と(       )の表示が必要とされる。

【問16】 ( Late Bottoled Vintage Port )は、(問15)には達しないが、それに続くと思われる作柄のブドウを原料とし、( 収穫年 )と( 瓶詰年 )の表示が必要とされる。

【問17】 熟成年数表記(           )は、長い年月樽熟させた結果、色素が沈着して(        )色になったもので、10年、20年、30年、40年ものがある。(       )年数の表示とともに(         )時も記載する。濾過してから瓶詰めするためデカンタージュは( 必要 ・ 不要 )

【問17】 熟成年数表記( トウニー・ポート )は、長い年月樽熟させた結果、色素が沈着して( トウニー )色になったもので、10年、20年、30年、40年ものがある。( 樽熟 )年数の表示とともに( 瓶詰め )時も記載する。濾過してから瓶詰めするためデカンタージュは( 不要 )

【問18】 (             )は収穫年表示のポートで、瓶詰めは7年後から行い、収穫年とともに瓶詰めの年も表示する。

【問18】 ( Colheita コリュイタ )は収穫年表示のポートで、瓶詰めは7年後から行い、収穫年とともに瓶詰めの年も表示する。

【問19】 白ブドウを原料とし低温発酵で通常のポートよりも発酵を長くしてからブランデーを添加した比較的辛口タイプは?:(             )

【問19】 白ブドウを原料とし低温発酵で通常のポートよりも発酵を長くしてからブランデーを添加した比較的辛口タイプは?:( Light Dry White Port 

【問20】 D.O.C. Dao ダォン は生産量の(    )%が赤ワインで、その主要品種は(                 )である。

【問20】 D.O.C. Dao ダォン は生産量の( 80 )%以上が赤ワインで、その主要品種は( Touriga Nacional トウリガ・ナショナル )である。

【問21】 D.O.C.Bairrada バイラーダ生産量の(     )%は赤ワインで、(        )種から力強いワインが生産される。瓶内二次発酵のスパークリングワインも多く、国内生産の(     )%を占めている。

【問21】 D.O.C.Bairrada バイラーダ生産量の( 85 )%は赤ワインで、( Baga バガ )種から力強いワインが生産される。瓶内二次発酵のスパークリングワインも多く、国内生産の( 65 )%を占めている。

【問22】 酒精強化ワインの産地D.O.C. Carcavelos カルカヴェロスがある地方は?:(           )地方

【問22】 酒精強化ワインの産地D.O.C. Carcavelos カルカヴェロスがある地方は?:( リスボン )地方

【問23】 マデイラに添加されるグレープスピリッツのアルコール度数は(    )度あり、出来上がるワインのアルコール度数は(    )度~(    )度に限定されている。

【問23】 マデイラに添加されるグレープスピリッツのアルコール度数は( 96 )度あり、出来上がるワインのアルコール度数は( 17 )度~( 22 )度に限定されている。

【問24】 単一収穫年が表示されたヴィンテージワインや、10年、15年など熟成期間が表記されるワインには、(             )と呼ばれる太陽熱を利用した天然の加熱熟成法が行われる。

【問24】 単一収穫年が表示されたヴィンテージワインや、10年、15年など熟成期間が表記されるワインには、( Canteiro カンテイロ )と呼ばれる太陽熱を利用した天然の加熱熟成法が行われる。

【問25】 3年熟成などのスタンダードワインには(             )と呼ばれる人工的な加熱装置が使われる。

【問25】 3年熟成などのスタンダードワインには( Estufa エストゥファ )と呼ばれる人工的な加熱装置が使われる。

【問26】 マデイラの使用ブドウで、比較的冷涼な気候の地域で栽培される白ブドウ品種。酸味を生かして辛口タイプで芳香のあるワインに造られるのは?:(             )

【問26】 マデイラの使用ブドウで、比較的冷涼な気候の地域で栽培される白ブドウ品種。酸味を生かして辛口タイプで芳香のあるワインに造られるのは?:( Sercial セルシアル 

【問27】 〃涼しい北部地域で栽培されることが多い白ブドウ品種。中辛口タイプで味わいの豊かなワインに造られるのは?:(                )

【問27】 〃涼しい北部地域で栽培されることが多い白ブドウ品種。中辛口タイプで味わいの豊かなワインに造られるのは?:( Verdelho ヴェルデーリョ )

【問28】 〃暖かい南部地域で栽培されることが多い白ブドウ品種。中甘口タイプで酸味と甘さのバランスが良いワインに造られるのは(              )

【問28】 〃暖かい南部地域で栽培されることが多い白ブドウ品種。中甘口タイプで酸味と甘さのバランスが良いワインに造られるのは( Boal ボアル 

【問29】 〃海岸線沿いの暑い地域で栽培されることが多い白ブドウ品種。甘口タイプで濃縮感のあるリッチな味わいに造られるのは(              )

【問29】 〃海岸線沿いの暑い地域で栽培されることが多い白ブドウ品種。甘口タイプで濃縮感のあるリッチな味わいに造られるのは( Malvasia マルヴァジア 

【問30】 〃島のほとんどの地域で栽培され、収穫量も全体の80%近くと最も多い黒ブドウ品種。3年熟成タイプに多く使われ、他品種とのブレンドに用いられることも多い。辛口から甘口まで幅広い味わいに造られるのは(                )

【問30】 〃島のほとんどの地域で栽培され、収穫量も全体の80%近くと最も多い黒ブドウ品種。3年熟成タイプに多く使われ、他品種とのブレンドに用いられることも多い。辛口から甘口まで幅広い味わいに造られるのは( Tinta Negra Mole ティンタ・ネグラ・モーレ )

【問31】 生産量が極めて少ない白ブドウ品種。その性格は問27の品種と問28の品種の中間で、非常に繊細なのは?:(              )

【問31】 生産量が極めて少ない白ブドウ品種。その性格は問27の品種と問28の品種の中間で、非常に繊細なのは?:( Terrantez テランテス )

【問32】 マデイラは熟成年数に応じてReservaは(      )年、Special Reservaは(      )年、Extra Reservaは(     )年というクラスがある。

【問32】 マデイラは熟成年数に応じてReservaは( 5 )年、Special Reservaは( 10 )年、Extra Reservaは( 15 )年というクラスがある。

【問33】 品種表示のマデイラは、表示品種が(       )%以上使用されている必要がある。

【問33】 品種表示のマデイラは、表示品種が( 85 )%以上使用されている必要がある。

【問34】 単一品種・単一収穫年表記のいわゆる(           )ワインは、正しくは(            )又は(               )と呼ばれ、最低(     )年間の樽熟成が必要とされ、表示される品種を(    )%使用しなければならない。

【問34】 単一品種・単一収穫年表記のいわゆる( ヴィンテージ )ワインは、正しくは( Frasquira フラスケイラ )又は( Garrafeira ガラフェイラ )と呼ばれ、最低( 20 )年間の樽熟成が必要とされ、表示される品種を( 100 )%使用しなければならない。


以上でポルトガルの一次対策実戦問題と解答は終了

次回は、個人的に大好きな「ドイツ」の実戦問題と解答を予定しております
スポンサーサイト
別窓 | ソムリエ協会呼称資格試験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<2016年度「ドイツ」一次試験対策問題&解答 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2016年度「スペイン」一次試験対策問題&解答>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3