「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
サントリー『ハイボールセミナー』参加(4月7日)
2010-04-08 Thu 13:55
東京では桜が満開です

でもせっかくの休日には雨だったり、しかも寒い日が続いたりで、結局今年はお花見にいけそうもありません・・・

         赤プリ桜100407

これはこの日降り立った赤坂見附、弁慶橋の桜です。
「おおぉ・・・、おおおぉ・・・」と、遠峰一青のように感嘆の声を上げそうなほど見事であったため、思わずパチリ


さてこの日は、サントリーの『ハイボールセミナー』に参加。

ビールの需要がことのころ頭打ちになっているのに比べ、逆にこれまで「おじさんのお酒」というイメージが強く長年低迷していたウイスキー需要が、昨年来の『ハイボール』のヒットによって復活しているとのこと。
たしかに今年に入ってコンビニ以外でも取扱いの始まった『角ハイボール』は、私の店でもなかなか好調な売れ行きとなっており、それにつれてウイスキーそのものの売上も伸びて来ております。

今回のセミナーは、おいしいハイボールの作り方から、料理との「マリアージュ」まで実際に体験し、今後の販売に役立ててもうらおうとの主旨でした。


セミナーは先ず、ビールや焼酎乙類、ウイスキーの醸造法の違い、同じウイスキーでもモルトウイスキーとグレーンウイスキーの違いといった「概論」から始まり、『角瓶』の誕生からの歴史や特徴、そして講師の方に教わりながら実際に「おいしいハイボール」を作り、料理との「マリアージュ」を確かめてみる・・・といった順序で進んでいきました。

          角ハイボールセミナー0407

◆お家での「おいしいハイボール」の作り方は、

① 先ずグラスには氷がはみでるくらいいっぱい詰める。

② ウイスキーと炭酸水の比率は1:3になるように注ぐこと(炭酸水はゆっくりと)

③ マドラーは縦に一回差し込むだけでOK(かき回さない)

◆ハイボールに合う料理は、

① 味噌や醤油など醗酵原料の調味料を使ったもの

② 天ぷらやから揚げなどの揚げ物、油もの料理

③ 樽熟成からくる風味に合うもの・・・チョコレート、ナッツ、野菜、ハーブ、カレーやうなぎなど
                       スパイシーな料理

 ようするに居酒屋料理や家庭料理ほぼ全般ということでしょうか

個人的にウイスキーはこれまで、ロックや水割りで、ウイスキーを主役にじっくり味わって飲む方で、ハイボールなどは味も薄いし、「邪道」と思っていたのですが、なるほど居酒屋などで料理といっしょにワイワイと飲み食いするには、むしろハイボールの方が合っていると実感できました。

ようは固定観念に捉われず、飲むスタイルによって柔軟に楽しめばいいということでしょうか
ちょっとした発想の転換で、まだまだいろいろなお酒の楽しみ方が出来、また新しい需要も開拓出来るという、大きなヒントを与えられたセミナーでありました。
スポンサーサイト
別窓 | 試飲会&セミナー | コメント:0 | トラックバック:0 
<<プロヴァンス・コルス、ラングドック・ルーション、南西地方重要ポイント | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | RIONE DEI DOGI SALICE SALENTINO RISERVA リオーネ・ディ・ドージ サリーチェ・サレンティーノ・リゼルヴァ 2006>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3