「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
延命師匠のお店「Curiosity-e (キュリオシティ)」オープン!
2016-06-17 Fri 11:55
先週6月9日(木)、ついにあのエロテロリスト、我らが延命大作師匠のお店、「Curiosity-e」(キュリオシティ)が港区西麻布にオープンしました。

ヨーロッパに渡る前には「お店の名前は『居酒屋大ちゃん』にします」と、事あるごとに言っておられましたが、なんとも洒落た名前のお店になったものです Σ(゚Θ゚)

お店の住所は、

〒106-0031 東京都港区西麻布1-4-50 沙梵ウエストワンビル2階

電話番号:03-6432-9307

東京メトロ日比谷線の六本木駅から歩いて5~6分のところでありますが、オープンしたてでググっても出てきませんので、住所で検索してみてくださいw

      キュリオシティ

オープンの前週に直接お電話を頂いたので、この日は定時で仕事を上がり、8時頃にお店に到着。

既に店内はお祝いで駆け付けた人達で盛り上がっており、カウンターの奥に通されるとさっそくスパークリングワインがグラスに注がれました。

この日は延命師匠がセレクトした欧州伝統国のワインがブラインドで出され、参加者がそれを当てて、最後に延命師匠が解答と解説を加えていくという趣向でありました。

以下、この日出されたワインたちになります
(順序は前後しているかもしれません^^;)

    Jean Stodden Riesling Extra TrokenJean Stodden Riesling Extra Troken

    Jean Stodden Riesling Extra Troken

リースリングで造られたドイツの辛口スパークリング。味わいはドライながらも、やはりドイツらしいリースリングの優しさと高貴さを感じさせるゼクト。

     DIGBY 2010VINTAGE BRUTDIGBY 2010VINTAGE BRUT

     DIGBY 2010VINTAGE BRUT

イギリスで造られる瓶内二次発酵のスパークリングワイン。これブラインドで出されたら、ほとんどの人がシャンパーニュと答えるのでは?

    Valentin Oeil-de-Perdrix 2015ウイユ・ド・ペルドリ

     Valentin Oeil-de-Perdrix 2015

「ウイユ・ド・ペルドリ」はスイスの三湖地方でピノ・ノワールから造られるロゼワイン。教本で名前だけは知っておりましたが、初めて試すことができました。

   ESCHERNDORF AM LUMPEN 1655 SILVANER troken GG 2013ESCHERNDORF AM LUMPEN 1655 SILVANER troken 2013

   ESCHERNDORF AM LUMPEN 1655 SILVANER troken GG 2013

V.D.P.のグラン・クリュであるグローセス・ゲヴェックスのジルヴァーナー。さすがにこのクラスのジルヴァーナーは量産型のものとは全く別物になります。フランケンの伝統的なボックス・ボイテル型のボトルではありませんが、ラベルはとてもクールな印象。

   APHROS VINHAO 2011APHROS VINHAO 2011

   APHROS VINHAO 2011

これは珍しい赤のヴィーニョ・ヴェルデ。ヴィーニョ・ヴェルデというと、微発泡の白ワインのイメージしかありませんが、赤やロゼもあるんですね。
一般的には赤はMLFしないものが多いそうですが、MLFしているこのワインも赤の割にはかなり酸味が強いのが印象的でありました。
延命師匠も仰ってましたが、よくみると今年の教本にもそれがちゃんと記載されておりました。
「ヴィーニョ・ヴェルデ」=「緑のワイン」というのは、緑がかった白ワインのことではなく、緑が多いこの地方(ミーニョ地方)の通称のことだそうな・・・。

   DAUTEL KALKSCHUPEN Spatburgunder GG 2010DAUTEL KALKSCHUPEN Spatburgunder GG 2010

   DAUTEL KALKSCHUPEN Spatburgunder GG 2010

ドイツ、ヴュルテンベクルのシュペートブルグンダー。ドイツのシュペートブルグンダーというと、フリードリッヒ・ベッカーやベルンハルト・フーバーがすぐに思いつきますが、このダウテルも忘れてはならない造り手のひとりとのこと。

   PETITE ARVINE 2011

  PETITE ARVINE 2011

これも初めて飲んだ「プティタルヴィン」というスイスの地ブドウを使った白ワイン。樽熟成しており、ブルゴーニュのシャルドネに似たしっかりと重量感のある辛口白ワイン。

   BAROLO BUSSIA CICALA 2010

   BAROLO BUSSIA CICALA 2010 ALDO CONTERNO

色調は深みのあるルビーレッド、香水のような華やかな香りから、「ブルネロ?」かと思いましたが、いわゆる“中間派”の巨匠アルド・コンテルノのバローロでした。
“中間派”ともなると、かなり果実味が前面に出てくるスタイルとなりますが、後味に余韻となって残る苦みはやはりバローロですね。

    CLOS DES CORBASSIERE Grain Noble Cœur du ClosGrain Noble Cœur du Clos

   Clos des Corbassières Grain Noble Cœur du Clos

この日はスイスからの出題が多く、これもスイスの貴腐ワイン。肝心の品種は失念してしまいました^^;

   Domaine MARCEL DEISS QUINTESSENCE GEWURZTRAMINER 2005Domaine MARCEL DEISS QUINTESSENCE GEWURZTRAMINER 2005

   Domaine MARCEL DEISS QUINTESSENCE GEWURZTRAMINER 2005

この日のオオトリはアルザスのカリスマ、マルセル・ダイスの貴腐ワイン。
「カンテサンス」とは“神髄”という意味のようですが、良い年に極少量生産される極上の貴腐ワイン。

この日出されたワインによく合う美味しいお料理の数々・・・

IMG_0204.jpgIMG_0208.jpgIMG_0243.jpg

こんなものがさりげなく置いてあるところが延命師匠のお店らしいですねw

  IMG_0248.jpg
 

直近ではポルトガルワインのテイスティング勉強会や、コンクール・試験対策の勉強会なども開かれるようで、六本木のワイン新名所となりそうです。

営業時間は18:00~2:00 で、日曜日のお休みが多いようですが、大きなお店ではないので予約していかれたほうがいいと思われます。

最後になりますが、自分のお店を持つという夢を叶えられた延命師匠、ほんとうにおめでとうございます+゚。*(*´∀`*)*。゚+
スポンサーサイト
別窓 | ワインバー | コメント:0 | トラックバック:0 
<<日本ソムリエ協会 関東支部 分科会セミナー「ジム・クレンデネンの世界」参加 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2016年度「日本」一次試験対策問題&解答 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3