「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
第10回J.S.A.ワインアドバイザー全国選手権大会予選参加
2016-05-25 Wed 00:23
昨日(5月23日)、ついに今年が最後となるワインアドバイザー全国選手権大会の予選に参加してきました。

出かける前に、最後のあがきで、カリフォルニア州のジンファンデル、リオハのレセルバ、ボルドーのメルロ、ローヌのシラーをそれぞれテイスティング。

前回ワインのブラインドは白1種類、赤2種類の出題であったため、今回も赤に山を掛けてのテイスティング訓練をしておりました。


今回の関東地区の会場は、目黒駅近くにある目黒雅叙園。

      目黒雅叙園1

      目黒雅叙園2

もしもの電車遅延に備え、受付時間の1時間前に会場到着。

      予選会会場案内

今回はもう完全に準備不足は自覚するところであり、「なるようにしかならんわ・・・」という半ば開き直りの境地(?)に達したためか、全く緊張感がありません。(前回はさすがに緊張して最初はペンを持つ手が震えておりましたが^^;)

受付の30分ほど前から参加者が集まり始めたのですが、前回に比べ参加者の数の多さと、女性の多さに先ずビックリ!

中には有名ワインスクールの筆頭講師の先生までいらっしゃって、さすがに最後の大会の関心の高さをうかがわせます。


10分間のオリエンテーションのあとで、12:30より30分間のテイスティング試験開始!

今回の出題は白ワインが2種類に赤ワイン1種類、リキュールが2種類。
1番目の白は、「品種」、「産地」、「年号」だけを記入し、2番目と3番目がフルコメント。
4番・5番目のリキュールは銘柄名と生産国のみの解答でありました。

予想通り、前回同様、時間が足りません。

フルコメント書くのに精いっぱいで、品種をじっくりと考えている時間がない・・・(´・_・`)

1・2番の白の品種特定もできていないのに、3番目の赤の味わいを書き始めたところで、「あと5分」のコール (゚△゚;ノ)ノ

もう直感で答えるしかないので、

1番:シュナン・ブラン、フランス・ロワール地方・ヴーヴレイ、2014年

2番:グリューナー・ヴェルトリーナー、オーストリア、2014年

3番:メルロ、日本・長野県・塩尻、2013年

4番:グランマルニェ、フランス

5番:チナール、イタリア

と、それぞれ結論を記入。


一息つく間もなく、1時間の筆記試験に突入。

出題は70問(だったかな?)の記述問題と、小論文。

瞬間的に答えていかないと、最後の小論文までとても時間がないので、全くわからない箇所は飛ばし、とにかくぱっぱと記入していきます。

前回と違い、出題数を多くし、その分単純に答える問題が多いような気がしました。

実感としては、新教本からの出題が85%くらい?で、残りが教本には載っていないトピックの出題か・・・。

新教本は一応一通り目を通し、試験官が出しそうな箇所をチェックしていたため、手応えとしては8割は正解しているか・・・。

最後の小論文は「今後10年後の日本のワイン市場の見通しについて考えを述べよ」というような論題で、これは商売柄A4の用紙いっぱいに記入することができました


あっという間に1時間半の試験時間が終了となったわけですが、筆記については前回よりもかなり手応えがありました。

しかし、テイスティングは全く自信がありません (;゜0゜)

テイスティングの銘柄・産地発表は明日昼頃とのことですが、おそらくこれで結果はほとんど見えてくるものと思われます。

正式な結果発表は6月2日(木)の昼頃、ソムリエ協会のHPでとのことですが、どんな結果であろうとそれはもう受け入れるしかありません。

今はちょっと終わった直後の放心状態といったところでありますが、果たして結果はいかに・・・。


スポンサーサイト
別窓 | ワインアドバイザー選手権大会 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<ワインアドバイザー全国選手権大会予選:テイスティングアイテム発表 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ブドウ栽培・・・その2>>
この記事のコメント
no.353:お疲れさまでした
大変な状況の中、

挑戦に心から敬意を表しますm(_ _)m

せめてゆっくり休めればよいのですが。
(゜~゜)ノ
2016-05-25 Wed 12:37 | URL | 村山太郎 #-[ 内容変更]
no.354:Re: お疲れさまでした
村山太郎様

コメントありがとうございます。
また温かいお言葉、重ねて御礼申し上げます。

コンクールへの挑戦はこれで最後となり、その心理的な重しが外れた
今は、だいぶ気持ち的には楽になった気がします。

緊張感はないように思っていたのですが、やはりかなりのプレッシャーが
かかっていたんだなと、今になって気がつきます。

チーズプロフェッショナルの二次試験は秋になりますので、ちょっとの間、
少しぼけっとしてみようかと思います。

応援ありがとうございました^^

ロベール
2016-05-28 Sat 19:16 | URL | シャトー・ロベール #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3