「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
ドイツワイン協会連合会のワイン会に参加してきました
2015-11-30 Mon 00:44
11月29日(日)に、東京の白金台にある八芳園で、ドイツワインケナー試験の表彰式を兼ねたワイン会があったため参加してきました

      白金台、八芳園

ワインの試飲会でよく訪れる八芳園ですが、この日は日曜日で多数の結婚披露宴があったため、着飾った多くの人で溢れておりました。

もう紅葉は終わってますが、いつ来てもここの庭園は見事で、季節の移ろいごとに違う表情を見せてくれます。

      八芳園の庭園


正午頃に先ずはドイツワイン協会連合会の小柳会長のご挨拶からはじまり、今年度のケナー試験の成績優秀者の表彰式へと移ります。

      表彰式

成績優秀者の表彰式で小柳会長と握手。

            表彰のワイン

      ハーデター・ブルンガガルテン・リースリング・カビネット2000

副賞で、ファルツのトップクラスの生産者として名高いミュラー・カトアのリースリング・カビネット2000年をいただきました。

      ワイン1~4

      ワイン5~9

この日のワイン会で出されたワインたち。

9種類のうち白が7種類、さらにそのうち5種類がリースリングだったのですが、タイプもドライで鋼のようなミネラルを感じさせるものから、とても優美でエレガントなものまで様々なタイプを堪能でき、さすがにリースリングの母国の層の厚さを感じさせるラインナップでありました。

      お料理1サーモンのカルパッチョお料理2生ハムのサラダ
      お料理4メインディッシュお料理5デザート

いつもは立食形式だそうですが、今年度は参加者が少なかったため、着席でゆったりと美味しい食事とワインを楽しむことができました。

このところゆっくりとワインを堪能する時間もなかったのですが、久しぶりに美味しいワインたちをじっくりと味わうことができとても満足。

途中、何人かの参加された方々から、このブログをご覧いただいているとのことで、嬉しいお声がけもいただきました(#^.^#)


このところ小売店の店頭では影の薄いドイツワインでありますが、知れば知るほどその多様性と奥の深さが段々と分かってくる魅力的なワインであり、カッツに代表されるような甘いジュースのようなイメージが一般的なのはとても残念なことであります。

むしろ他のお酒にはないエレガントさがワインの持ち味であるとするならば、パーカ的価値観の対極にあるドイツワインこそもっと見直されて然るべきだと思うのは、私だけでしょうか・・・。
スポンサーサイト
別窓 | ドイツワインケナー | コメント:2 | トラックバック:0 
<<明けましておめでとうございます「M.ラピエールBN」&手作りローストビーフ | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ドイツワイン上級ケナー試験結果発表>>
この記事のコメント
no.348:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-11-30 Mon 05:08 | | #[ 内容変更]
no.349:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-12-12 Sat 22:24 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3