「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その11「第4章各国のチーズ(16)アメリカ合衆国~(18)ニュージーランド」
2015-07-03 Fri 09:01
今回でようやく長い長い第4章「各国のチーズ」巡りもいよいよ終了となります。

最後は「アメリカ合衆国」、「オーストラリア」、「ニュージーランド」の3ヵ国になりますが、アメリカは世界最大のチーズ生産国として、豪州とNZは日本へのチーズ輸出国としてそれぞれ試験的に重要になります。

もっとも記述量は少なく出題ポイントはかなり絞られるため、確実に得点できる国々になりますので、以下のポイントはしっかりと押さえていきましょう。



■第4章:各国のチーズ16「アメリカ合衆国」 予想実戦問題

【問1】 アメリカは2012年現在、世界のチーズ生産量の約(   /   )、約(     )万tを誇るチーズ大国である。

【問2】 I.Q.F.チーズは、シュレッドやキューヴ状、あるいは粉状にしたチーズを(      )して(    )を止めたもので、これらは様々な食品加工の現場で利用されている。

【問3】 アメリカ国内での主要な生産地は、(         )州と(         )州周辺である。

【問4】 大規模な工場で生産されるチーズに対して、生産量が限られているチーズや手造りのものを(            )として区別している。

【問5】 問4のチーズで、アメリカ原産(発祥)のチーズは:(                                 )
模倣チーズでも独自の(    )が加わっていれば(       )と定義している。

【問6】 問4のチーズで、「職人による」チーズを指すのは:(                      )

【問7】 問4のチーズで、文字通り農場生産のチーズは:(                          )。必要な乳をほかから調達せず自らの牧場でまかなってチーズ造りを行う。

【問8】 問4のチーズで、アメリカ政府のオーガニックガイドラインに沿って製造されたチーズは:(                      )

【問9】 アメリカン オリジナルチーズで、色は自然なアイボリーホワイト、加熱調理するとよく融けてコクが出る、カリフォルニア州生まれのチーズは:(                      )

【問10】 マイルドテイストの問9のチーズにスパイスをミックスしたチーズは:(                    )。スナックチーズやアメリカンスタイルのピザに最適。

【問11】 アメリカン オリジナルチーズで、1874年にウイスコンシン州の町で生まれたのは:(          )。マイルドなチェダーに似た風味がある。色調は(      )などで色付けされた明るい(      )色。

【問12】 問9と問11のチーズをそれぞれ刻んだものを混ぜて圧搾してできたチーズは:(                  )


■17「オーストラリア」 予想実戦問題

【問1】 第二次世界大戦後、ヨーロッパ各国から様々な民族がオーストラリアに移民し、祖国のチーズ造りを試みたため、バラエティが広がり、「(             )」といわれるほどになる。

【問2】 (      )と(      )タイプが主流だが、最近ではそれ以外のチーズの生産量も伸びている。

【問3】 アジア最大の取引先は(    )で、(    )の輸入チーズの約(   )割がオーストラリア産である。主に食品加工用や(      )チーズの原料となっている。

【問4】 オーストラリアでフレッシュチーズといえば(      )系を指すほどで、(       )状や(      )状の軟らかいものを含めて種類は多彩。

【問5】 カードを湯で融かして練ったもので、イタリアでいう(          )タイプのものを(           )タイプという。

【問6】 すり卸して使う超ハード系のチーズのことを(             )タイプとよぶ。パルメザンやペコリーノなどイタリア系チーズが主流。



■18「ニュージーランド」 予想実戦問題

【問1】 1642年に(      )によって発見され、1870年代に金鉱が発見されてから移民が急増。そのころ英国から(       )種の牛が導入されチーズ造りが始まった。

【問2】 日本には、(         )の原料のほか、加工食品や業務用、家庭用のシュレッドタイプのチーズが輸入され、その量は輸入チーズの約(    )%を占めている(2013年データ)

【問3】 ニュージーランド独特のチーズとして(            )がある。このチーズは(      )の連続製造設備を用いて造った(     )で、(      )ほど酸度を高めないでミリングしたカードに塩をまぶして造る(       )タイプである。チーズの名前はこのチーズ発祥の地に近い(   )の名前である。



以上で「アメリカ合衆国」、「オーストラリア」、「ニュージーランド」の予想実戦問題は終了。

次回は解答を予定しております。
スポンサーサイト
別窓 | チーズ | コメント:0 | トラックバック:0 
<<チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その11「第4章各国のチーズ(16)アメリカ合衆国~(18)ニュージーランド」解答 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その10「第4章各国のチーズ(12)デンマーク~(15)アジア諸国」解答>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3