「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その3「第3章チーズの生産・消費、第4章各国のチーズ(1)ヨーロッパの品質認証システム」解答
2015-05-31 Sun 09:38
昨晩は久しぶりに大きくかつ長い揺れを感じ、3.11の記憶が蘇ってきました。

ちょうど仕事を終えて帰宅する間際だったのですが、船に乗っているような揺れが長く続き、店の天上の照明器具がゆらゆらと揺れているのをみると、またどこかで大きな被害が出ているのでは?と心配になりました。

このところ全国で震度5クラスの地震が相次ぎ、火山もあちこちで噴火(または要警戒)しておりますが、やはり万一に備え当面の水や食料は確保しておく必要がありますね。


さて、前回アップしました「第3章チーズの生産・消費、第4章各国のチーズ(1)ヨーロッパの品質認証システム」の解答となります。

ソムリエ協会教本では年々その扱いが少なくなっているドイツが、チーズの世界では重要国の地位を占めるなど、ワインの世界の勢力図とはまた違った面があり、なかなか興味深いものがありますね。


[3章チーズの生産・消費]

【問1】 世界の乳生産量は2012年時点で( 7億5千万 )tで、過去10年で( 1億 )t以上伸びている。

【問2】 地域別に見ると、( アジア )が全体の( 4 )割近く、( ヨーロッパ )が( 3 )割で、( アメリカ )、( アフリカ )と続いている。

【問3】 種類別では、世界の全生産量のうち( 84 )%以上が(  )の乳である。

【問4】 牛乳の生産量だけを見ると( アメリカ )が群を抜いて多く約( 9,000 )万tである。

【問5】 牛乳の生産量ベスト4は1位:( アメリカ )、2位:( インド )、3位:( 中国 )、4位:( ブラジル )である。

【問6】 牛乳・山羊乳・羊乳・水牛乳を合わせた乳生産量の第1位は( インド )で、約( 12,500 )万tである。

【問7】 世界のチーズ生産量は2012年時点で( 2055万 )t。( ヨーロッパ )地域がその半分を占めている。

【問8】 国別では( アメリカ )が世界のチーズの( 25 )%以上を生産し、( ドイツ )、( フランス )、( イタリア )と続く。

【問9】 10年前と比較すると( アメリカ )の急成長ぶりが特に目立っている。

【問10】 国別のチーズ輸入・輸出ともに第1位は( ドイツ )である。

【問11】 日本はチーズの輸入量では世界第( 9 )位である。

【問12】 日本はおよそ( 29万 )tの需要に対して、国内で造られるナチュラルチーズは( 4万8千 )tで、31の国から約( 23万 )tを輸入している。

【問13】 日本のチーズ輸入相手国では( オーストラリア )と( ニュージーランド )で全体の( 6 )割以上を占めている。

【問14】 日本のチーズ輸入相手国の第3位は( アメリカ )、第4位は( フランス )である。

【問15】 ヨーロッパ主要国の一人当たりの年間チーズ消費量は( フランス )を筆頭に( 20 )㎏台である。

【問16】 世界各国の一人当たりチーズ消費量ベスト4は、( フランス )、( アイスランド )、( ドイツ )、( フィンランド )である。

【問17】 日本の一人当たりチーズ消費量は2012年で( 2.1 )kgである。


[第4章各国のチーズ(1)ヨーロッパの品質認証システム]

【問18】 1952年に主要チーズ生産国8ヵ国が( ストレーザ )協定を結び、原産地名称を保護するようになった。

【問19】 フランスのA.O.C.とは( 原産地呼称統制 )制度のことである。

【問20】 P.D.O. とは( 原産地名称保護 )のことである。フランスでの表記は( A.O.P. )、スペインやイタリアは( D.O.P. )になる。

【問21】 問20は、名称に謳われた( 地域 )で、決められた( 伝統的 )な製法で生産され、その土地の( 気候風土 )を反映した固有の品質や風味をそなえなくてはならない。

【問22】 P.G.I. とは( 地理的表示保護 )のことである。フランスでの表記は( I.G.P. )である。

【問23】 問22は、( 生産 )、( 加工 )、( 調整 )の過程のうち1つ以上がその地域と結びついていることが条件である。

【問24】 T.S.G. とは( 伝統的特産品保証 )のことである。

【問25】 問24は( 原産地 )の証明ではなく、生産する( 組織 )や( 製法 )が伝統的であるということを証明するものである。

【問26】 有機農法の定義は( 合成肥料 )、( 合成農薬 )、成長( ホルモン )、成長( 促進剤 )などを一切使用しないで農作物や家畜を育てること。( 遺伝子組み換え )も禁止されている。


次回はチーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その4として「第4章各国のチーズ(2)フランス」をアップし、その後ソムリエ協会呼称試験「スペイン」の重要ポイントを予定しております。
スポンサーサイト
別窓 | チーズ | コメント:0 | トラックバック:0 
<<チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その4「第4章各国のチーズ(2)フランス」 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その3「第3章チーズの生産・消費、第4章各国のチーズ(1)ヨーロッパの品質認証システム」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。