「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その1「第1章チーズの文化史」
2015-05-11 Mon 13:25
現在、ソムリエ協会教本今年度版の重要ポイント見直し作業を随時行っておりますが、同時にチーズプロフェッショナル呼称筆記試験の“予想実戦問題”を自作してみることにしました

過去の筆記試験問題をネットでいろいろと検索してみたのですが、チーズプロフェッショナル協会のHPに過去3年分(なぜか一次筆記試験の過去問題は2012年と14年の2年分のみ)アップされているもののみで、他には見当たらなかったためです^^;

2年分の少ないデータではありますが、過去問題から類推して、「この箇所からでるんじゃ?」というポイントをチェックし、予想実戦問題を作ってみることにしたわけです。
これはソムリエ協会の呼称試験受験において過去やってきた手法なのですが、果たしてチーズプロフェッショナルにも通用するかどうか・・・。

というわけで、今年同じくチーズプロフェッショナル呼称を受験される同志の方で、興味のある方はどうぞご参考になさってください。

また誠に申し訳ありませんが、ソムリエ協会呼称試験の予想実戦問題掲載は、時間的に作成が難しいため今年度は割愛させていただきますのでご了承ください SΟЯЯΥ_φ(´c_`。ヾ)。゚。*.°



今回はその第1回目として、教本の「第1章チーズの文化史」の予想問題をアップします。
問題はすべて穴埋め問題とし、正解は次回にアップします。

チーズプロフェッショナル呼称の筆記試験は、マーク選択式ではなくすべて答えを書かせる問題となり、またチーズ名まで原語で正確に覚える必要があり、なかなか手強いですが頑張っていきましょう^^;



第1章:チーズの文化史

【問1】 動物の家畜化の多くは(      から     )周辺が起源で、これらの地域を中心に動物とともに生活する(     )というスタイルが生まれた。

【問2】 牛の(    )が始まったのは(         )現在の(     )の一部で、今から(    )年前ごろだといわれている。

【問3】 チーズはB.C.(      )年ごろ(        )で誕生した。現在の国でいうと(     )や(     )、(     )の一部である。

【問4】 古代ギリシャの詩人(      )が書いた叙事詩(      )には山羊のチーズを青銅の卸し金ですり卸す情景が描かれている。

【問5】 哲学者(        )が書いた(       )の中には、乳を固まらせるものとして、(      )の樹液や凝乳剤のことが書かれている。

【問6】 古代ローマの建国以前にトスカーナ地方周辺には(       )人が土着していた。古代ローマ人は(      )文明を師とあおぎ、(       )の文化と融合しながらイタリア独自の文化を育んでいった。

【問7】 共和制ローマの執政官である(      )は、(     )でチーズ製造と豚の飼育についても記した。

【問8】 古代ローマではチーズのことを(      )または(      )と呼んでいた。

【問9】 フランス最長の(      )川流域では、732年の(            )の戦いのときに(      )軍が置いていった山羊を飼育し、チーズを造るようになったという。

【問10】 8世紀、フランク王国の(          )が活躍するあたりから、現在のチーズの元になったチーズ名が少しずつ現われ始める。

【問11】 1825年、フランスの美食家(           )は、『(        )』の中で「チーズのないデザートは片目の美女である」という言葉を残した。

【問12】 (      )年、(            )による低温殺菌法が開発された。

【問13】 デンマークの科学者(             )は、(      )年ごろから(       )の商業生産を始めた。

【問14】 1877年、スウェーデンで(           )が発明された。

【問15】 1910年ごろにはスイスで(      )チーズが誕生した。

【問16】 1960年代に開発された(       )レンネットは、改良されながら現在も使われている。

【問17】 1990年代になると(         )レンネットが実用化された。

【問18】 フランスでは(      )年に「(        )に関する法律」が作られた。

【問19】 A.O.C. = (            )

【問20】 P.D.O. = (            )

【問21】 P.G.I. = (            )

【問22】 T.S.G. = (            )

【問23】 FAO = (            )

【問24】 WHO = (          )

【問25】 チーズはドイツ語では(          )、スペイン語では(          )、ポルトガル語では(             )である。

【問26】 古代ラテン語では、押し型や水切り型は(       )と呼ばれ、ギリシャ語の(       )は籠を意味した。

【問27】 ラテン語の(       )は、古代ゲルマン語のケゼからドイツ語の(問25)、オランダ語の(          )になった。



次回はこの予想問題の正解を掲載予定です。
スポンサーサイト
別窓 | チーズ | コメント:0 | トラックバック:0 
<<チーズプロフェッショナル呼称筆記試験予想実戦問題その1「第1章チーズの文化史」解答 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2015年度一般呼称資格試験「フランス」重要ポイントその11『ロワール渓谷地方』 >>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3