「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2015年度一般呼称資格試験「フランス」重要ポイントその7『プロヴァンス地方およびコルシカ島』
2015-04-25 Sat 10:20
「人に勝つという価値観では野球をやっていない」 ・・・イチロー(談)

以前「ナンバーワンになりたい。オンリーワンになりたいとか甘いことを言っているヤツが大嫌いなんで・・・」というイチローの言葉を紹介したことがあります。

一見その言葉と矛盾するように思えますが、ここが熟成能力のある高級ワインと同じで、彼の深淵なるところなのでしょう。


先月上旬の不順な天候とは打って変わって、暖かい日が続くようになりました。
この時期にどんどん進めるだけ進んでいきましょう。

フランスの7回目は「プロヴァンス地方およびコルシカ島」になります

「プロヴァンス」といえばフランスのみならずヨーロッパのリゾート地として有名で、「コルシカ島」はかのナポレオンの生誕地として歴史的に重要な島となり、ワインの世界でも銀河系を代表するロゼワインの中心地となるわけですが、この試験的には出題されたりされなかったりと、重要度はフランスの中では比較的低い産地ではあります。

ここも記述内容にほとんど変化はありません。
教本での記載もA.O.C.一覧表を入れても8頁にすぎませんので、あまり時間をかけずに要点のみを押さえていきましょう

[プロヴァンス地方]

【プロフィール・歴史・文化・経済・地域気候・ワイン生産】 P129~130

●地中海沿岸のマルセイユから東のニース一帯に広がる地域。

フランス最大のA.O.C.ロゼワインの産地…A.O.C.のロゼの38%、世界のロゼワインの約8%を生産する。

●フランスワイン産地で最も古い歴史 ・・・紀元前600年ころ、ギリシャ系フォカイア人がマルセイユを建設。2600年の歴史を誇る。

地中海性気候。年間平均日照量は2700~2900時間と恵まれている。ミストラルと呼ばれるローヌ渓谷から地中海に吹き抜ける乾燥した北風が吹く。

●ワイン生産量:約200万hl   

○うちロゼ95%

●ぶどう栽培面積:約4万ha

○うちA.O.C.ワインの栽培面積:約3万ha(73%)


【主要ブドウ品種】 P130

[黒ブドウ]

Mourvedre ムールヴェドル ・・・スペイン原産。暑い気候で石灰質の土壌を好む。熟成能力のあるワインを生み出す。

Tibouren ティブラン ・・・プロヴァンス地方の土着品種。ロゼワインに繊細なアロマを与える。
※これまで試験には出されなかったマイナー品種ですが、最近のシニア試験において出題されましたので念のためチェック!


【主要A.O.C.】  P130~132

●Cotes de Provence コート・ド・プロヴァンス(ロゼ) ・・・プロヴァンス地方最大のA.O.C.。
ロゼが生産量の89%と大半をしめる。

◎この地方のA.O.C.のタイプはほとんどが[ロゼ]の全タイプで、例外は[ロゼ]が以下の4つあるだけですので、それ以外は「ロゼ」と覚えてください。
問題としては、「次のうち赤・白・ロゼ以外のタイプのA.O.C.は?」とか逆に「次のうちタイプが赤・ロゼのものは?」といった選択で過去出題されております。

Cotes de Prvence Sainte-Victoire コート・ド・プロヴァンス・サン・ヴィクトワール

Cotes de Prvence Frejus コート・ド・プロヴァンス・フレジュ

Cotes de Provence La Londe コート・ド・プロヴァンス・ラ・ロンド    

Cotes de Provence Pierrefeu コート・ド・プロヴァンス・ピエールフ
※2013年新A.O.C.


◎この地方でよく出題されるのが、2つの村名A.O.C.とその近隣の都市の位置関係です。

○Bellet ベレ ・・・ニース

○Cassis カシス ・・・マルセイユ

●この地方にはあと2つ村名A.O.C.として「Bandol バンドール」と「Palette パレット」があります。
過去Bandol(赤)の品種を問う出題がされましたが、主要品種はムールヴェードルです。
ちなみにBandol赤は18ヶ月以上樽での熟成が義務付けられています。


[コルシカ島] P132 ~133

◎コルシカ島の出題頻度は低く、重要度は低いため、以下の点だけ押さえておけばよいと思います。

地中海性気候

●ワイン生産の約60%は「リル・ド・ボーテ(美の島)」と名付けられたI.G.P.である。

●A.O.C.もI.G.P.もロゼが約50%を占める。

●コルシカ島は、位置的にイタリアに近いため、品種も重なる部分があります。
黒ブドウの Nielluccio ニエルキオ = Sangiovese サンジョヴェーゼ です。

また白ブドウの主要品種 Vermentino ヴェルメンティーノ のシノニムは、Malvoisie de Corse マルヴォワジー・ド・コルス = Rolle ロール になります。

●コルスのV.D.N.として、Muscat Cap Corse ミュスカ・デュ・カップ・コルス があります。
出題のパターンとしては、「次のうちラングドック・ルーション地方のV.D.N.でないのはどれか?」というような問題が出されております。

●A.O.C. Patrimonio パトリモニオ ・・・コルス最高のワインとの評価。
ニエルキオ(サンジョヴェーゼ)主体とするワインで、コルスの中では最も早く1968年にA.O.C.と認められる

●A.O.C. Ajaccio アジャクシオ ・・・ナポレオンの生誕地として知られる。


プロヴァンス地方・コルシカ島はこんなところです。

次回はラングドック・ルーション地方を予定しています。
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<2015年度一般呼称資格試験「フランス」重要ポイントその8『ラングドック・ルーション地方』 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2015年度一般呼称資格試験「フランス」重要ポイントその6『コート・デュ・ローヌ地方』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3