「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2015年度一般呼称資格試験「フランス」重要ポイントその3『アルザス・ロレーヌ地方』
2015-04-06 Mon 23:51
さて今回はフランスの重要ポイントの3回目として「アルザス・ロレーヌ地方」になります

日本ソムリエ協会教本を継続して読んでいる方はお気付きかと思いますが、昨年度版までは「アルザス地方」となっており、「ロレーヌ地方」とは併記されていなかったのですが、これは果たして何かの意図があってのことなのでしょうか・・・?

などと考えてもしょうがないので、過去問に沿って重要ポイントを洗い出していきたいと思います。
ここも教本の掲載は6頁であり、出題もほぼ定番化しておりますので、時間をかけずに絞り込んで覚えましょう


≪アルザス地方≫

【プロフィール・歴史・文化・経済・気候風土】

●領主権はフランスとドイツの間で行き来したため、ドイツの文化の色彩が色濃く残る。
ドイツの名物料理「ザワークラウト」 ⇒ 「シュークルート」と名を変えて登場。

●ライン川を挟んでドイツと国境を接する地域。畑はヴォージュ山脈東側丘陵ストラスブールからミュルーズまで100km、幅1~5kmの帯状の斜面に広がる。

●EUの欧州議会が置かれている都市はストラスブール。ワインの中心地はそこから80kmほど南のコルマール

●降雨量は年間平均500~600mmフランスで最も少なく、日照量が多く乾燥した半大陸性気候

Alsace Grand Cru(タイプ白のみ)のリューディ(小地区)51は、2011年から、それぞれ単独のA.O.C.として認められた。
※この51のA.O.C.名は覚える必要はありませんが、後述のように例外品種が出題されており要注意です。


【ワイン生産量】

●A.O.C.ブドウ栽培面積は約1万5千ha   生産量は約91万hℓ  白ワインがほとんどで93%

【主要ぶどう品種】

●アルザス・グランクリュの指定4品種(※一部例外あり)

Gewurztraminer ゲヴュルツトラミネル

Riesling リースリング

Pinot Gris ピノ・グリ

Muscat ミュスカ 

●主な栽培品種

<白ぶどう>

Pinot Blanc ピノ・ブラン = klevner クレヴネル 

Riesling リースリング…アルザスで最も栽培される品種

Gewurztraminer ゲヴュルツトラミネル… 「スパイシーなトラミネル」の意味

Pinot Gris ピノ・グリ   ・Sylvaner シルヴァネール   ・Muscat d'Alsace ミュスカ・ダルザス 

<黒ぶどう>

Pinot Noir ピノ・ノワール


【主要AOC】

●Alsaceアルザス(ロゼ)…1962年認定。
アルザス全生産量の74%を占め、白が92%と大半。
複数の品種をブレンドした場合には、「Edelzwickerエーデルツヴィッカー」「Gentilジャンティ」などと表示することができる。

●Alsace Grand Cru アルザス・グラン・クリュ(白のみ)…1975年認定。
51のリュー・ディがあり、2011年にAOCとして認定。
2007年に認定された最新のリュー・ディはKaefferkopf ケフェルコプフ
生産量はアルザス全体のわずか4%
※例外があり、Zotzenberg はミュスカではなくシルヴァネールが認められている。

●Cremant d'Alsace クレマン・ダルザス(ロゼ《発泡》)…ロゼの場合、使用品種はPinot Noir 100%
フランスの家庭で消費されるAOCスパークリングワインの第1位。
アルザス全生産量の21%を占める。

Vendanges Tardives ヴァンダンジュ・タルディブ(=遅摘み)Selection de Grains Nobles セレクション・ド・グラン・ノーブル(=粒選り摘み、貴腐)については、それぞれ混同しないよう覚えてください。

●認められている品種は、アルザス・グラン・クリュと同じ4品種。
08年はEX試験で『教本』P87の1ℓ当たりの糖の最低含有量の一覧表についても出題されました。ここまでの知識が果たして必要なのかは甚だ疑問ですが、念のため押さえておきましょう。

《VT》:Gewurztraminer、Pinot Gris・・・257g/ℓ   Riesling、Muscat・・・235g/ℓ

《SGN》:Gewurztraminer、Pinot Gris・・・306g/ℓ   Riesling、Muscat・・・276g/ℓ


・「ロレーヌ地方」については比較的新しいA.O.C.が二つありますが、過去出題されたことはないので割愛します。


アルザスはさらっとこんなもんです。

次はフランスを代表する銘醸地、「ブルゴーニュ地方&ボージョレ地区」を予定しています。
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<「NIKKA APPLE WINE ニッカ アップルワイン」&デンマークのブルーチーズ「DANABLU ダナブルー」 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2015年度一般呼称資格試験「フランス」重要ポイントその2『シャンパーニュ地方』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3