「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
中島醸造(株)「始禄 純米吟醸 迎春」
2015-02-09 Mon 19:34
年末年始にワインのみならず、清酒もあれこれ買い込んでしまったため、まだまだお正月用に買ったお酒を飲んでおります^^;

今回は岐阜県瑞浪市にある、江戸時代(元禄15年)より創業300年以上になる中島醸造(株)さんの純米吟醸であります

      始禄 純米吟醸 迎春①

      始禄 純米吟醸 迎春②

始禄 純米吟醸 迎春

【産地】:岐阜県瑞浪市土岐町    【生産者】:中島醸造(株)
【米品種】:麹-山田錦20% 掛-瑞浪米80%    【精米歩合】:50%
【酒質】:軽快旨口   【アルコール度数】:14.0度    【購入価格】:¥2,160(税込)


中島醸造(株)さんのHPはこちら

中島醸造株式会社「始禄・小左衛門」


杜氏の中島さんには自社のセミナーでそのポリシーを伺う機会があったのですが、HPにもありますように酒造りに真剣に取り組んでいらっしゃる酒蔵さんであります。

(以下HPより蔵元の取組み抜粋)
「・真剣勝負、諦めない、感謝と責任を持って唯一を造る。
・我々が納得した商品のみを発売する。
・造り
  食品製造として「甘・辛・渋・苦・酸」の五味、味の深み、キレ、香りをバランス良く醸す事を目標にして造りに取組んでいます。
  良い材料を探し、または作る事に取組み、「美味しく、愉しく飲んで頂ける酒」を時代に合わせて製造計画しております。」


ラベルに「軽快旨口」と記してあるこのお酒、吟醸香は穏やかで、性格的には“純米酒”により近いお米の旨味を感じますが、生酛系のようなずっしり感はなく、後味のキレはすっきりと軽めであります。

したがって生酛系のような濃淳なタイプが好みの向きには物足りなさを感じるかもしれませんが、このお酒は「旨いのに軽い、満足なのに杯が進む」というコンセプトで造られており、14度という清酒にしては低めのアルコール度数からしても、確かに飲み飽きすることがありません。

香りや味わいの第一印象は穏やかで派手さはありませんが、飲み進めていくうちにじわじわとその美味しさが染み込んでいく感じを受けます。

これならお酒だけでも楽しめるし、お料理も幅広く合わせることができそうなので、とても使い勝手がよく重宝なお酒といえるでしょう。


これから清酒は「春しぼり」の季節となりますので、また色々な銘柄を試してみようと思います
スポンサーサイト
別窓 | 日本酒 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<チーズの勉強始めます・・・「10種でわかる世界のチーズ」村瀬美幸:著 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 「賀正ワイン(竹)赤 高畠ワイン マスカット・ベーリーA」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3