「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
「賀正ワイン(竹)赤 高畠ワイン マスカット・ベーリーA」
2015-02-07 Sat 23:56
仕事で毎日お酒をさわっていると、当分のストックは十分あるのに、ついついあれもこれもと買ってしまうのがノムリエ(=酒飲み)の悲しい“性(サガ)”であります^^;

気がつけばお正月に飲もうと思って買っておいたワインやら日本酒が玄関に溢れそうになってきたため(この季節は寒い玄関に置いておくのが日も当たらず温度的にもちょうどいいため)お正月に買ったものから飲んでいくことにします。

そしてまた今更ながらですが、お正月に買った「賀正ワイン」を開けてみることに・・・。

      賀正ワイン①

      賀正ワイン②

      賀正ワイン③


「賀正ワイン(竹)赤 高畠ワイン マスカット・ベーリーA」
【ぶどう生産地】:山梨県
【品種】:マスカット・ベーリーA   【ヴィンテージ】:NV
【アルコール度数】:12.5%  【タイプ】赤・ライトボディ
【製造者】:高畑ワイン(株)  【購入価格】:3,086円


これは山形県の高畠ワイナリーが、山梨県産のマスカット・ベーリーAを使って、「賀正ワイン」の名のとおり、「和食との相性が絶妙(と裏ラベルにあります)」に造られた赤ワイン。

外観はまだ若々しく、紫の色調が強いやや暗めの濃いルビー。
粘性は強めで、ねっとりとした脚がグラスを伝わり、熟度の高いぶどうから造られた印象を受けます。

香りの第一印象はまさに「ボージョレヌーヴォー」
ブルーベリーやダークチェリー、フルーツキャンディに加え甘草のようなニュアンスも感じられるため、ブラインドで出されたらおそらく“ガメイ”が第一候補に上がったと思われます。

アタックは少し軽めで、やや残糖の甘さを感じるライトボディ。
タンニンは軽く滑らかで、ほとんど収斂性も感じませんが、酸も控えめなため後味がややモッサリとしたジャミーな印象が残ってしまいます。

「和食との相性が絶妙」とのことで、せっかくなので自分のお店で売っている和のお惣菜といろいろ試してみることにしてみました

      賀正ワイン④

画像左からゴボウ、レンコン、人参、カボチャ、シシトウなどが入った「7種のごろごろきんぴら」、鶏唐揚、タマネギ、レンコン、サツマイモ、人参などが入った「ゆず香る冬野菜と鶏の和風あんかけ」、「鯖の照り煮」、「助六寿司」

「ごろごろきんぴら」も「冬野菜と鶏の和風あんかけ」も、甘めのタレにゴボウやレンコン・人参といったマスカット・ベーリーAの持ち味である“土っぽさ”が共通の要素としてあるためか、なかなかの相性で美味しくいただくことができました^^

「鯖の照り煮」も、やはり甘いタレが残糖の甘味とマッチするためか、違和感はさほど感じられません。

ただやはりワインの酸が物足りないためか、どのお惣菜も後味にジャムっぽい印象が残ってしまい、至福のマリアージュとまでは至りません。

「助六寿司」に至っては、“合わない”とまではいかないものの、偶然駅のホームのベンチに居合わせた他人同士のように、お互いによそよそしい感じでありました。


トータルな印象としては、マスカット・ベーリーAという品種は、やはりこれまで日本を代表する赤ワイン用品種として大きなシェアを占めてきただけあって、和食との相性は他の欧州系黒ぶどう品種の追随を許さないポテンシャルがあると感じました。

惜しむらくは、ワインの命ともいえる“酸”がもっとしっかりとあれば、さらに印象は良い方に変わっていたのでは・・・、と思われたことです。

今後引き続きマスカット・ベーリーAについては、特に和食との相性についていろいろ試していきたいと思います
スポンサーサイト
別窓 | 日本ワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<中島醸造(株)「始禄 純米吟醸 迎春」 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | “恵方巻”と“恵方ワイン”>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3