「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
一足お先に日本の新酒「シトラスセント甲州辛口 ヌーヴォー2014」
2014-11-10 Mon 21:15
今年もワイン業界の一大イベント、「ボージョレ・ヌーヴォー解禁」まであと10日となりましたが、一足お先に解禁となった日本は山梨のヌーヴォーを知り合いから頂いたので、さっそく試してみることに (。´∀`)ノ


Citrus Scent 甲州辛口 Nouveau 2014

【生産国・地域】:日本、山梨県甲州市 【生産者】:蒼龍葡萄酒(株)
【品種】:甲州100%   【ヴィンテージ】:2014年
【アルコール度数】:12.0% 【タイプ】白・辛口

      蒼龍甲州新酒2014-1

      蒼龍甲州新酒2014-2

外観は甲州らしく(?)無色に近い、淡いレモンイエロー。

「Citrus Scent シトラス セント」=「柑橘系の香り」の名の通り、レモンやグレープフルーツなどの柑橘系果実の香りがアタックから豊か。
新酒らしく吟醸香のような白い花の香りや、ハーブのような爽やかな香りも感じられ、ソーヴィニヨン・ブランのようなアロマティックな印象が強い。

味わいも新酒らしく、酸がシャープでとても爽やか。
残糖の感じられないすっきりとしたドライで溌剌とした辛口。
穏やかな苦みと、しっかりとした酸が心地よい余韻となって続きます。

今年の甲州種は、2012年や13年よりも酸が充実しておりまとまっているとの評価が高いそうですが、新酒ということを差し引いても確かに豊かな酸が全体を支えていることが感じられます。

この日の夕食は焼鮭とブロッコリーのクリームパスタで、それも悪くはなかったのですが、これに合う料理はズバリお鍋ではないでしょうか?
それもあっさり系の鶏塩鍋とか・・・。
欧州系品種で和食に合うワインを探すのはなかなか難しいものがありますが、あれこれ難しく考えなくとも我々には甲州という強い味方があるではないですか。

お鍋が美味しいこれからの季節、次回は是非一緒に試してみたいと思います ( ^_^)/q□☆□p\(^_^ ) カンパァーイ

スポンサーサイト
別窓 | 日本ワイン | コメント:1 | トラックバック:0 
<<コンクール対策備忘録~その4「世界各国の消費税(付加価値税)の税率」の巻 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 周田克己ソムリエ抜栓の奥義>>
この記事のコメント
no.325:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-11-11 Tue 13:53 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3