「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
癒し系赤ワイン~Rheinhessen Portguiser Q.b.A 2011 ラインヘッセン ポルトギーザー 
2014-10-27 Mon 08:30
先月引っ越し直前に、横浜桜木町にあるワインブティック伏見さんを訪れ、店員さんに「試験に出されそうな典型的なポルトギーザーはどれでしょうか?」と尋ねたところ、

「ポルトギーザーは基本甘口なので、試験には出されませんよ」とのお答えでありました。

確かにここ数年の出題傾向をみても、試験範囲の品種ではあるものの、出題されたことは一度もありません。

でもまあ、「他に売っているお店もみたことないし、これも経験だから買っていこう」と一本購入することに。

買ってはみたものの「甘口の赤なんて食前酒にもできないし、食事には合わせられないな~」と少し後悔しましたが、試験も終わって一段落ついたので、真面目にテイスティンコメントを書いてみることにしました


Rheinhessen Portguiser Q.b.A 2011 ラインヘッセン ポルトギーザー 

【生産国・地域】:ドイツ、ラインヘッセン地方
【品種】:ポルトギーザー    【ヴィンテージ】:2011年
【アルコール度数】:9.0%   【タイプ】赤・やや甘口   【格付】:Q.b.A
【醸造元】:エルンスト・ブレッツ醸造所
【輸入者】:(有)ワインビジネスコンサルティング  【購入金額】:2,052円

      ポルトギーザー1

      ポルトギーザー2

【外観】
澄んで輝きのある、明るいルビー。
濃淡は淡く、粘性はさらりと軽い印象。
外観の印象は、若く軽いワイン。

【香り】
香りの豊かさはしっかりと感じられる。
第一アロマはイチゴやラズベリー、チェリーやブルーベリーと赤い果実シリーズが主体。
スミレの花のようなニュアンスも感じられ、とてもチャーミングな印象。
空気に触れても印象は変わらず、樽のニュアンスもほとんど感じられない。
香りの印象は、若々しく、開いており、第一アロマが強い。

【味わい】
アタックは軽い。
残糖を感じる甘口、ドイツ語でいえば「Lieblich リープリッヒ」か。
酸味はスムーズで柔らか。
タンニンは緻密でサラサラとしている。
バランスはコンパクトでフラットな印象。
アルコールはアタック同様、とても軽い。
余韻は軽く、ジュースを飲んだ後のよう。

【総合評価】
フレッシュ&フルーティなフレーヴァー。
シンプル、フレッシュ感を楽しむチャーミングな赤ワイン。
供出温度は8~10度。
グラスは小ぶり。
デカンタージュの必要はなし。


「外観だけで判断せよ」と言われたら、10人中9人が「ACブルゴーニュクラスのピノ・ノワール」と答えるであろう、淡く明るいルビーの外観。
香りもイチゴやラズベリー、レッドカラントやチェリーといった赤い果実主体で、まるで日本のマスカット・ベーリーAのようなチャーミングな印象。
アタックはとても軽く、酸味・タンニンともに穏やかで、残糖を感じるとても優しい味わい。

「これは食事に合わせるには相当きついな~」という先入観がありましたが、たまたま前日に作り置きしていたカレーと合わせてみたところ、これが意外ととてもよく合いました。
「ジャワカレー辛口」のルーを使ったので、市販されているカレールーの中では相当辛い方なのですが、ジューシーな甘さがスパイシーな辛さとよくマッチし、スイスイと食べることができます。

これがブルゴーニュのピノ・ノワールであれば、その繊細さやエレガントさがぶち壊しとなることろでしょうが、これだからワインは面白いですね。

このようなワインに巡り合うと、高級ワインの本質を究めることもプロとしてもちろん大切なことではありますが、日常の気軽な食事のシーンに合うお手頃なワインを探し出し提案していくことも、ワインアドバイザーとして大切なことなのではと思えてきます。

もっとも、ポルトギーザーなんて品種のワインは、どこにでもあるわけではないのですが、また一つドイツワインの魅力が分かったような気がします。
スポンサーサイト
別窓 | ドイツワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<コンクール対策備忘録~その1「主なワイン生産国の首脳名」の巻 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ドイツワインケナー呼称資格認定試験受験PART2「テイスティング試験」編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。