「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
NOVECENTO Cabernet Sauvignonノヴェセント カベルネ・ソーヴィニヨン 2008
2010-03-22 Mon 17:22
               ノヴェセントCS


NOVECENTO Cabernet Sauvignon ノヴェセント カベルネ・ソーヴィニヨン 2008
生産国・地域:アルゼンチン、メンドーサ州
生産者:ボディガ・ダンテ・ロビーノ   輸入者:㈱富士インダストリーズ
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン   ヴィンテージ:2008年
アルコール度数:14.0%  赤・ミディアムボディ
購入価格:980円 

【外観】
スティル、澄み切った、輝きのある、紫色を帯びたガーネット色、濃い色合い、脚の出来る粘性、粘性は高い

【香り】
豊かな香り、フルーティ、カシス、ブルーベリージャム、ラズベリー、プラム、ミント、黒胡椒

【味わい】
心地よいアタック、生き生きとした酸味、辛口、心地よい渋味、やや収斂性のある渋味、甘く凝縮感のあるフレーバー、ボリューム感のある、コクのある、バランスの取れた、切れの良い後味、余韻はやや長め7~8秒、現在飲み頃の、若々しく、フルーティで果実味に溢れた、柔らかく凝縮感のある味わい

【総評】
「ノヴェセント」のシリーズは、マルベック、シャルドネに続いて3本目。このシリーズは上位の「ダンテ・ロビーノ」シリーズに比べればカジュアルで、普段気軽に、しかしワインとしてはしっかりとしたものを飲みたいときに最適です。
香りはカシスやブルーベリーのような黒い果実に、アルゼンチンらしい赤い果実のニュアンスも加わり、ミントや黒胡椒のようなスパイシーさがあとから心地よく広がります。
フレーバーは新世界のカベルネによくありがちな、凝縮感のある甘いもの。個人的には、あまり甘味の強いフレーバーのものは好みではないのですが、このワインは酸味がしっかりあり、スパイシーなニュアンスが強いため、ダレずに最後まで楽しめました。フルーティでタンニンも柔らかいため、赤ワイン初心者の方にも飲みやすい万人受けするタイプのカベルネです。
そのため料理も、居酒屋系の酒のつまみによく合うような甘辛いタレのかかった料理などにはぴったりだと思います。タレの焼き鳥、ソース焼きそば、それからすき焼きやうなぎの蒲焼などにもいいのではないでしょうか。
またワインだけでも、飲み疲れしないタイプなので、仕事が終わって疲れたときに重過ぎない赤が飲みたい気分のときにも近くに置いておきたいワインです。
スポンサーサイト
別窓 | アルゼンチンワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ぶどう栽培始めました | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ヴァル・ド・ロワール実戦問題&解答>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3