「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2014年度一般呼称資格試験「ニュージーランド」重要ポイント
2014-08-05 Tue 23:19
樹カナ:「ワインの中には豊かな自然に恵まれ、人の苦労が少なくても美味しいワインができる場所もあります。」

「でも神が試練を与えた畑だからこそ、そこでしか生まれない感動もあると思います」

(漫画『ソムリエール』第11巻より)


今回は「ニュージーランド」の重要ポイントになります。

「ニュージーランド」は他の新世界と違い、量産がきかないため“量より質”で勝負の国になり、価格はやや高いものの“ハズレ”が少なく安心して購入できる国であると思います。

教本の記述も5ページしかなく、ポイントも絞られますので、確実に得点していきましょう。


【概略】 P483~

●ワイン生産地域は南緯35度~46度、長さは1600kmに及ぶ。

●北島、南島に合わせて10の主要生産地。ソーヴィニヨン・ブランで知られる南島北端のマールボロが最大の栽培面積を誇る。

●輸出量が急速に伸び、2005年の51万hlから2013年には約3倍の170万hlに達している。

ソーヴィニヨン・ブランは全輸出量の80%以上を占めている。

●スクリューキャップの導入が進み、現在90%以上がスクリューキャップ栓を使用している。


【歴史・気候・風土・土壌】

1819年、オーストラリアのシドニーから派遣された聖公会神父サムエル・マースデンが、北島のケリケリに100種余りのぶどうを植えたのが始まりとされる。

1833年、オーストラリアから監督官として渡ったジェームズ・バスビイが、フランスやスペイン原産のぶどう品種をワイタンギに植える。

○チャールズ・ダーウインはビーグル号で南太平洋探検の途上、ニュージーランドに立ち寄り、ぶどうが栽培されていることを記録に残す。

○1897年にはフィロキセラがワカピラウで見つかったが、1902年にはロメオ・ブラガートがオーストラリアからアメリカ系台木に接木する方法を取り入れ解決。

1973年マールボロ地区でのソーヴィニヨン・ブランの成功が世界の注目を集める。

●周囲を海で囲まれているため海洋性気候で、季節による激しい温度差はないが、「一日のなかに四季がある」といわれるほど昼夜の気温差がある。


【主な栽培ぶどう】

●ソーヴィニヨン・ブランをはじめ、ヨーロッパ優良品種の栽培が増加。栽培面積では、ソーヴィニヨン・ブラン57%ピノ・ノワール15%シャルドネ9%の順。

〔白〕:1位 Sauvignon Blanc ソーヴィニヨン・ブラン、 2位 Chardonnay シャルドネ、 3位 Pinot Gris ピノ・グリ、 4位 Riesling リースリング ・・・白の順位は重要

〔黒〕:1位 Pinot Noirピノ・ノワール、 2位 Merlot メルロ、 3位 Cabernet Sauvignon カベルネ・ソーヴィニヨン


【ワインの法律と品質分類】

ニュージーランド食品衛生安全局(NZFSA)が、ワイン生産の基準とラベル表記を管理。

●オーストラリアと同様に、品種名・収穫年・産地名表示すべてにおいて85%以上の使用義務。複数の品種名、収穫年、産地名を表示する場合は、使用比率の多い順に表示する。

2006年、ワインとスピリッツ類に関する地理的呼称(GI)制定法が成立。


【ワインの産地と特徴】

1.北島

〔Gisborne ギズボーン〕重要度高

●日付変更線に近接する世界最東端のワイン産地。1769年にクック船長が初上陸した場所。ニュージーランドにおけるシャルドネの首都といわれている。

〔Hawkes Bay ホークス・ベイ〕重要度高

●ニュージーランド第二のワイン産地。歴史上、商業目的のワイン生産が始まった最初の産地

〔Northland ノースランド〕

ニュージーランドぶどう発祥の地

〔Wairarapa ワイララパ〕

●首都ウェリントンの北東にある小さな地区。サブ・リージョンのMartinborough マーティンボロは良質のピノ・ノワールで有名。※過去問の正誤問題で、「MartinboroughはMarlboroughのサブ・リージョンである」という出題がありました。似たような名前ですが、もちろん正解は×です。


2.南島

〔Marlborough マールボロ〕重要度高

ニュージーランド最大の産地1973年に初めてぶどうが植えられ、ソーヴィニヨン・ブランは国際的にも品種特性の基準といわれるほど有名。

〔Central Otago セントラル・オタゴ〕重要度高

●ニュージーランドで最も標高が高く、世界で最も南にある産地。暑い夏、寒い冬、昼夜の寒暖差の大きい、ニュージーランドの中で唯一の大陸性気候

〔Nelson ネルソン〕

●多くの産地がより乾燥した東海岸に位置しているのに対し、ネルソンは南島北西部の端にあり、ぶどう成熟期間は湿気が多く、マールボロと地理的に近い。


一次筆記試験まで13日となりました。

急がねば・・・。

次回は「南アフリカ」の重要ポイントを予定しております。
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<2014年度一般呼称資格試験「南アフリカ」重要ポイント | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2014年度一般呼称資格試験「チリ」重要ポイント>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3