「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
今年度呼称資格試験解答《ドイツ、スペイン》編
2013-09-18 Wed 23:29
イタリアに続き、今回は《ドイツ》と《スペイン》編になります。

《ドイツ》はSとWAが2問、WEが3問と、出題数からするとその他大勢の国の一つの扱いとなり、最初にWEを受験した当時の、重要国の一つであったことからすると寂しい感じがします。

《スペイン》はSが5問、WAとWE6問と、出題数からするとドイツと立場が逆転した感があります。昨今の輸入量の拡大傾向からするとそれも順当といえるかもしれません。


【Q53:S Q50:WA Q56:WE】
次の記述に該当するドイツワイン・プレディカーツヴァインの格付けを1つ選んでください。
「ぶどうの収穫時期は通常の収穫期が終わって少なくとも1週間後が通例。アルコール度数7度以上。」
…難易度:☆

1. カビネット
2. シュペートレーゼ
3. アウスレーゼ
4. ベーレンアウスレーゼ

A:2  教本P323参照。これはドイツのワイン法でも基本中の基本ですね。

【Q54:S Q51:WA Q57:WE】
ドイツのライン川沿いで作られている白ワイン「リープフラウミルヒ」の味わいの特徴を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. 辛口
2. 中辛口
3. 中甘口
4. 極甘口

A:3  教本P335参照。女性に人気の甘口白ワイン『マドンナ』で有名。極甘口はT.B.Aやアイスワインのようなデザートワインになりますので、正解は3になります。

【-S -WA Q58:WE】
ドイツの「カルタヴァイン」に関する記述の中で正しいものを1つ選んでください。
…難易度:☆☆☆

1. リースリング100%使用
2. 2000年V.D.P.ラインガウと合併
3. 生産地域はラインガウとラインヘッセンのみ
4. 収穫翌年の11月1日以前の発売禁止

A:1  教本P336参照。たしかに教本の記述はあるのですが、日本では見たこともないし、これまで一度も出題されたこともないため、ワインスクールでもノーマークの難問だと思われます。ま、このレベルの問題は不正解であっても落胆することはありません。

【Q55:S Q52:WA Q59:WE】
スペインで最も栽培面積の広いワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. テンプラニーリョ
2. アイレン
3. ボバル
4. マカベオ

A:2  教本P340参照。「“黒ぶどう”で最も栽培面積の広い」となるとテンプラニーリョが正解となりますが、黒・白全部となると、アイレンが断トツの1位となります。テンプラニーリョは黒の高貴品種ですが、アイレンはフランスでいうと“ユニ・ブラン”のような位置づけの量産品種となります。

【Q53:S Q50:WA Q56:WE】
スペインにおいてD.O.Ca.として現在認められている産地を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Priorato
2. Ribera del Duero
3. Penedes
4. La Mancha

A:1  教本P342参照。現在認められているD.O.Caはたった二つしかないため、覚えるのは極めて容易です。RiojaとPrioratoのどちらかとなるため、この場合は1が正解となります。

【Q57:S Q54:WA Q61:WE】
スペインのカタルーニャ州はCavaの生産量が最も多いが、全体の何割を占めているかを1つ選んでください。
…難易度:☆

1. 約65%
2. 約75%
3. 約85%
4. 約95%

A:4  教本P343参照。CavaはD.O.の一つとなりますが、他のD.O.と違い一つの産地を指すわけではないので、注意が必要なのは、教本に記述があります。ただし、実際の生産量はカタルーニャ州が約95%とほとんどを占めています。

【Q58:S Q55:WA Q62:WE】
スペインのRiojaは3つの地区に分けられるが、こくと豊富な酸を持ち熟成向きで上質なワインを産する地区を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Rioja Alta
2. Rioja Alavesa
3. Rioja Baja

A:1  教本P344参照。スペインの問題といえば、かつてはリオハの問題であったくらい、古くからの定番問題となります。

【-S Q56:WA Q63:WE】
スペインのD.O. Rias Baixas で全体の栽培面積の約96%を占めているワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. テンプラニーリョ
2. パロミノ・フィノ
3. アルバニーリョ
4. モナストレル

A:3  教本P356参照。リアス・バイシャスといえば、それだけで“アルバニーリョ”と思い浮かぶ、スペインを代表する白ぶどう品種となります。

【Q59:S Q57:WA Q64:WE】
次の記述に該当するシェリーのタイプを1つ選んでください。
「フィノの熟成途中でフロールが消失したものをそのまま熟成させたもの。」
…難易度:☆☆

1. Manzanilla
2. Amontillado
3. Palo Cortado
4. Oloroso

A:2  教本P358参照。シェリーに限らず、酒精強化ワインはしばらく勉強しないと、すぐにその区別が曖昧なものとなってしまう難しい箇所だと思います。それらを並べて比較試飲する機会もなかなか無いため、身体で覚えることが難しいですが、有資格者であればその区別は直ぐに答えられるようにしたいものですね。


ようやくここまでで、問題の半分を通過したところになりました。
やはり110問は長いですね。

次回はその他欧州の国々を予定しております。
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<今年度呼称資格試験解答《その他欧州》編 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 今年度二次試験テイスティング正解一覧(品種・生産国・収穫年)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3