「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
今年度呼称資格試験解答《フランス》編
2013-09-12 Thu 23:52
今回は、いよいよこの試験のハイライトともいえる《フランス》編になります。

ソムリエ呼称においては21問、アドバイザーは22問、エキスパートは25問と、それぞれ19%~23%を占める最重要国であることに変わりはありません。
出題の傾向としては従来の過去問題に加え、今年度からの教本で詳細な記述がなされるようになった歴史的・文化的な事柄からも3~4問出題されていることが注目される点といえるでしょう。
フランスの「歴史」や「食文化」と密接な関連をもって今日に至ることを考えれば、それも当然といえるかもしれませんが。

【Q25:S Q21:WA Q22:WE】
2009年ヴィンテージ以降のフランスの品質分類において、ヴァン・ド・ペイにかわる等級の呼称を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. I.G.T
2. I.N.A.O
3. I.G.P
4. I.S.O

A:3  教本P108参照。2のI.N.A.O.は国立原産地・品質研究所のことですし、4のI.S.Oは国際標準化機構のことになりますので、1か3が残りますが、I.G.Tはイタリアの旧呼称になりますので、正解は3になります。

【-:S Q-:WA Q23:WE】
シャンパーニュが祝宴の酒として認知されるきっかけのひとつとして、ランスの大聖堂で行われていた行事を1つ選らんでください。
…難易度:☆☆

1. 王主催晩さん会
2. 王の戴冠式
3. 王の大葬

A:3  教本P111参照。「祝宴」という言葉から、3の「大葬」でないことは明らかです。ホストクラブでも有名な「ドン・ペリニヨン」が登場するシャンパーニュの歴史は、今後の試験対策として必読の箇所となるかもしれません。

【Q26:S Q22:WA Q24:WE】
シャンパーニュ地方でシャルドネを主体に栽培している地区を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. モンターニュ・ド・ランス地区
2. ヴァレー・ド・ラ・マルヌ地区
3. コート・デ・ブラン地区

A:3  教本P113、114参照。これも基本的な問題ですが、「コート・デ・ブラン」が「白い(白品種の)丘」と分かっていれば容易い問題です。

【Q27:S Q23:WA Q25:WE】
アルザス地方のぶどう畑が広がる丘陵の山脈を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. ヴォージュ山脈
2. ピレネー山脈
3. アルプス山脈
4. オーヴェルニュ山脈

A:1  教本P118参照。これも過去何度も出題されている問題ですが、ピレネー山脈はスペイン国境、アルプス山脈はスイス国境であることが分かれば、さほど難しくはありませんね。

【Q28:S Q24:WA Q26:WE】
アルザス地方のワイン用ぶどう品種で「スパイシーな」という意味をもつワイン用ぶどう品種を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. リースリング
2. ミュスカ・ダルザス
3. ピノ・グリ
4. ゲヴュルツトラミネル

A:4  教本P119参照。アルザスといえば白ぶどうでありますが、その中でも「スパイシーな」とくれば、これはもう「ゲヴュルツ」しかありませんね。「ゲヴュルツ」というのは「スパイス」の意味なのですから。

【Q29:S Q25:WA Q27:WE】
アルザス地方で粒選り摘みの貴腐ぶどうのみを使用したワインの表記を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. ヴァンダンジュ・タルディヴ
2. プリチュール・ノーブル
3. セレクション・ド・グラン・ノーブル
4. トロッケンベーレンアウスレーゼ

A:3  教本P124参照。「貴腐」を表すフランス語は「ノーブル」となり、「選ぶ」は「セレクション」になりますから、3が正解となります。

【Q30:S Q26:WA Q28:WE】
ブルゴーニュ地方のヨンヌ県で赤ワインだけの生産が認められているA.O.C.を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Irancy
2. Saint-Bris
3. Bourgogne Tonnerre

A:1  教本P131参照。2と3は白のみのA.O.C.となりますので、答えは自ずと1になります。その地域・地区のマイナーな“仲間はずれ”を探し出すという、この試験独特の典型的な問題ですね。

【Q31:S Q27:WA Q29:WE】
Gevrey-Chambertinのプルミエ・クリュを1つ選んでください。…難易度:☆☆

1. Les Amoureuses
2. Les Charmes
3. Clos Saint-Jacques
4. Les Ruchots

A:3  教本P133参照。プルミエ・クリュまではなかなか手が回らない受験者の方が大多数だと思います。ただ有資格者であれば、3の Clos Saint-Jacques はグラン・クリュに匹敵するという評価のプルミエ・クリュなので、覚えるべきでしょう。ちなみに、1、2は Chambolle-Musigny の、4は Morey-Saint-Denis の著名なプルミエ・クリュになります。

【-:S Q28:WA -:WE】
ボージョレ・ヌーヴォーの最大の輸出先を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. 日本
2. 中国
3. アメリカ
4. イギリス

A:1  教本P152参照。毎年11月のお祭り騒ぎ(それでも以前よりだいぶ大人しくなりましたが)をみれば、納得の答えかもしれません。その後ヌーヴォーではないボージョレが見向きもされないのは、どこか歪なものを感じますが。

【Q32:S Q29:WA Q30:WE】
ジュラ地方のアルボワに関係が深く、ワイン醸造に大きな功績を遺した人物を1人選んでください。
…難易度:☆☆

1. ジャン・アントワーヌ・シャプタル
2. ルイ・パストゥール
3. ゲイ・リュサック
4. アレクサンドル・デュマ

A:2  教本P155参照。1はP67にありますように「ナポレオン1世統治下の農務大臣で1801年、補糖を許可した」人物。3はP58アルコール発酵の化学式を発見した人物。4は有名な『三銃士』の著者となります。

【Q33:S Q30:WA Q31:WE】
ヴァン・ジョーヌにおける「Gout de Jaune」について適切な説明を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. 花の風味
2. フルーツの風味
3. スパイスの風味
4. くるみの風味

A:4  教本P158参照。ヴァン・ジョーヌは最低6年もの長い間、樽で貯蔵されるわけで、1・2のフレッシュ&フルーティな風味は真っ先に外れます。またシェリーやヴェルナチャ・オリスターノなどと同様、「産膜酵母」の下で熟成させるため、ナッツのような独特の風味がつくわけです。

【Q34:S Q31:WA Q32:WE】
コート・デュ・ローヌ地方で法王庁が置かれていた都市を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. ヴィエンヌ
2. ヴァランス
3. アヴィニヨン
4. リュベロン

A:3  教本P165参照。いずれもローヌ地方の都市名となりますが、「シャトーヌフ・デュ・パプ」の名前の由来ともなった、14世紀のローマ法王のアヴィニヨンへの法王庁移転は、歴史上あまりにも有名な出来事になります。

【Q35:S Q32:WA Q33:WE】
シャトーヌフ・デュ・パプの特徴的な土壌を1つ選んでください。…難易度:☆☆

1. 小石
2. 粘板岩
3. 片岩
4. 花崗岩

A:1  教本P172参照。教本をよく読みこんでないと即答は難しいかもしれませんが、シャトーヌフ・デュ・パプの畑の写真を見たことがある方には容易に解ける問題ですね。

【Q36:S Q33:WA Q34:WE】
コート・デュ・ローヌ地方でロゼワインだけの生産が認められているA.O.C.を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Lirac
2. Tavel
3. Cotes du Vivarais
4. Clairette de Bellegarde

A:2  教本P174参照。タヴェル・ロゼといえばフランス3大ロゼの一つとして、有資格者なら当然知っておくべきA.O.C.となります。

【-:S -:WA Q35:WE】
ラングドック・ルーション地方において、地中海地方独自の石灰岩の潅木林地帯の名称を1つ選んでください。
…難易度:☆☆

1. カップ
2. ガリッグ
3. シスト
4. サーブル

A:2  教本P184参照。今年度の教本から加わった新しい記述の問題になります。これは読み込んでないと難しいかもしれませんね。

【Q36:S Q33:WA Q34:WE】
コート・デュ・ローヌ地方でロゼワインだけの生産が認められているA.O.C.を1つ選んでください。
…難易度:☆☆

1. Lirac
2. Tavel
3. Cotes du Vivarais
4. Clairette de Bellegarde

A:2  教本P174参照。

【-:S -:WA Q36:WE】
ラングドック・ルーション地方において、スペインからの交通の要所であり、欧州最大規模の堅固な城壁で知られる街を1つ選んでください。
…難易度:☆☆

1. カルカッソンヌ
2. ナルボンヌ
3. モンペリエ
4. ニーム

A:1  教本P185参照。これも前問同様、新傾向の出題となります。エキスパートの新しい出題傾向として、歴史や文化といった部分に関わる出題が増えているように思われます。

【Q37:S Q34:WA Q37:WE】
ラングドック・ルーション地方のA.O.C.Blanquette de limoux の主要ぶどう品種を1つ選んでください。
…難易度:☆☆

1. モーザック
2. ピクプール
3. カリニャン
4. サンソー

A:1  教本P194参照。ラングドック・ルーション地方のA.O.C.の品種まで覚えるのは、なかなか難しいですね。ちなみに、A.O.C. Cremant de Limoux の主要品種は、シャルドネになるので要注意です。

【Q38:S Q35:WA Q38:WE】
南西地方で歴史的に「ブラックワイン」と呼ばれたほど色が濃く、ワイン用ぶどう品種コットを使用するA.O.C.を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Madiran
2. Cahors
3. Fronton
4. Marcillac

A:2  教本P205参照。南西地方のド“定番”問題。「コット」のシノニムもよく出題されます。Madiranの主要品種もよく出題されますが、こちらは「タナ」になります。

【Q39:S Q36:WA Q39:WE】
南西地方のピレネー地区において、最もスペイン国境に近いA.O.C.を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Gaillac
2. Brulhois
3. Estaing
4. Irouleguy

A:4  教本P199参照。一見難しいですが、昨年も出題されたので、過去問をしっかりと復習していれば難なく解けたはずの問題です。

【-:S -:WA Q40:WE】
ボルドー地方において、ジロンド河の最も上流に位置するA.O.C.を1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Margaux
2. Saint-Estephe
3. Medoc
4. Pauillac

A:1  教本P213参照。上流から 1⇒4⇒2⇒3 の順になります。

【Q36:S Q33:WA Q34:WE】
ポイヤック村の5級格付けシャトーを1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Chateau Duhart-Milon-Rothschild
2. Chateau Lynch-Bages
3. Chateau Dauzac
4. Chateau Belgrave

A:2  教本P215参照。この試験の最初に暗記すべき難関がメドックの格付けシャトー名。あなたの苦労は報われましたでしょうか?

【Q41:S Q38:WA Q42:WE】
Chateau Malescot Saint-Exupery の格付けを1つ選んでください。
…難易度:☆

1. サン・ジュリアン 4級
2. サン・テステーフ 3級
3. ポイヤック 4級
4. マルゴー 3級

A:4  教本P215参照。同上。

【Q42:S Q39:WA Q43:WE】
グラーヴの格付けにおいて、赤ワインだけが認められているシャトーを1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Chateau Carbonnieux
2. Chateau Olivier
3. Chateau de Fieuzal
4. Chateau Laville Haut-Brion

A:3  教本P216参照。メドック格付けの次がこのグラーヴ。この格付けはタイプをよく問われます。ちなみに1、2はタイプが赤白、4は白のみになります。

【Q43:S Q40:WA Q44:WE】
サン・テミリオンの格付け(2012年ヴィンテージ以降に適用される)Premiers Grands Crus Classes(A)のシャトーを1つ選んでください。
…難易度:☆

1. Chateau Pavie
2. Chateau Trottevieille
3. Chateau Figeac
4. Chateau Troplong Mondot

A:1  教本P219参照。裁判沙汰となり、泥沼の様相を呈していたサン・テミリオンの格付けですが、2012年ヴィンテージより新たな格付けが適用されるようです。

【Q44:S Q41:WA Q45:WE】
バルサックの格付けシャトーを1つ選んでください。…難易度:☆

1. Chateau Rieussec
2. Chateau Suduiraut
3. Chateau Coutet
4. Chateau Guiraud

A:3  教本P225参照。ソーテルヌの格付けにおいては、バルサックとの区別、あるいは1級・2級の区別がよく問われています。

【Q45:S Q42:WA Q46:WE】
ロワール地方はその風光明媚な景観から何と呼ばれているか1つ選んでください。
…難易度:☆

1. 古城の都
2. フランスの庭
3. オルレアンの聖騎士
4. ラブレーの生誕地

A:2  教本P226参照。これは常識問題の範疇と言えるかもしれません。


これでフランスは終了次回はイタリアになります
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<今年度呼称資格試験解答《イタリア》編 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 今年度呼称資格試験解答《酒類飲料概論》編>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3