「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
HANAGASA CHARDONNAY  花笠シャルドネ
2013-03-11 Mon 18:28
「昨日と今日は、偶然並んでいただけでした。今日と明日は、突然並んでいるのでした。だから明日の無い時もあるのです。」(日航機事故で亡くなった坂本九さんへの永六輔さんの弔辞より)


震災後の避難生活で亡くなられた方を含めると、2万人以上の犠牲者を出した東日本大震災より、今日で丸2年がたちました。
今も避難先で暮らしている人の数は31万人以上にものぼり、この数字の桁違いの大きさからみても、あの日の大災害はまだまだ終わっていないのだと実感されます。

当時は江戸川区にある店舗勤務であった私も、地震の揺れが起こったときには建物の柱にしがみつくのがやっとで、店の建物と周りのマンション群や電柱が目の前で大きく揺れているときには、生きた心地がしませんでした。
今こうして当たり前のように今日を生き、仕事をして、ワインの勉強を続けていられるのは、単に運がよかっただけなのだとつくづく思わざるをえません。ただ偶然に生かされているだけなのだと…。

その日、突然に命を絶たれてしまった多くの方々の無念は察するに余りありますが、今を生かされていることに感謝しつつ、毎日を悔いの無いよう目標に向かって勉強していきたいと、気を新たにした次第であります。


さて、今回は、東北は山形県、高畠ワイナリーのシャルドネであります。

前回の勉強会でシャルドネを外しまくってしまった反省から、基本に戻って呼称資格試験でも出現頻度の高い日本のシャルドネです。

      花笠シャルドネ1

      花笠シャルドネ2


HANAGASA CHARDONNAY (NV) 花笠シャルドネ

【生産国・地域】:日本、山形県、高畠地区
【生産者】:高畠ワイン(株)
【品種】:Chardonnay  【ヴィンテージ】:NV
【アルコール度数】:13.0%  【タイプ】:白・辛口
【購入価格】:¥2,480

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕クリスタルのような、輝きのある 〔色調〕グリーンがかった、レモンイエロー 〔濃淡〕薄い(無色に近い)、淡い 〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕やや強い 〔外観の印象〕若い、よく熟した、成熟度が高い

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる
〔特徴〕グレープフルーツ、リンゴ、洋梨、花梨、メロン、白い花
〔香りの印象〕若々しい、開いている、第1アロマが強い

【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのヴォリューム感も含む)〕まろやか、豊かな 〔酸味〕なめらかな、円みのある 〔苦味〕控えめ 〔バランス〕まろやかな、ふくよかな、厚みのある  〔アルコール〕やや強め、ヴォリュームのある 〔余韻〕やや長い 

【フレーヴァー】
フルーティ、フレッシュな、濃縮した
【評価】
成熟度が高く、豊か
【供出温度】8~10度
【グラス】中庸
【収穫年】NV
【生産国、地域】日本、山形県高畠地区
【主なぶどう品種】シャルドネ

ネットより
“昼夜の温度差が十分にある素晴らしい環境で育ったシャルドネ種のブドウを、高畠ワインが持つ最新鋭の醸造設備を使い国際的にも通用する高い品質のワインに仕上げています。醸造を手掛けたのは高畠ワインのカリスマ醸造技師川邊久之さんで、カリフォルニアのナパヴァレイのワイナリーで醸造責任者を務めた経験があり、また、各地のコンクールで数多くの受賞暦を持っています。
 バランスの取れた完璧なアロマは日本一のシャルドネと呼ぶにふさわしい仕上がりで、川邊さんの高い技術力があってこそ実現した逸品です。”


外観の色調はとても淡く、一見軽いワインの印象を受けますが、粘性は強く、ねっとりとした脚がグラスを伝わることから、熟度の高いぶどうから造られたことが予想され、また凝縮度合いの高さを感じます。
香りはグレープフルーツのような柑橘系果実からリンゴ、熟れた洋梨やメロンのような柔らかな果実のフルーティさに溢れています。外観上からも香りからも樽のニュアンスは感じられず、豊潤な果実味を重視し、それを前面に表現しようとする造り手の意図が感じられます。
樽を使わないと、どうしても単調な味わいになりがちなシャルドネでありますが、華やかでフルーティなアロマと、アルコールと酸味のバランスの良さから、最後まで飲み飽きせず楽しむことが出来ます。
過去に試したワインでは、南仏リムーやローヌ地方・アルディッシュのフルーティでクリーンな造りのシャルドネによく似た印象があります。
無個性といわれるシャルドネでありますが、樽というお化粧をしなくても、造り手の力量次第でそのポテンシャルが引き出される、高貴なぶどうであることが再認識させられるワインであります。

シニア呼称資格試験まであと36日、 全日本選手権予選まであと63日
スポンサーサイト
別窓 | 日本ワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<千本ノック「オペレーション・サジタリウス(覚醒?)」(6発目その1) | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 千本ノック…『折れたサジタリウスの矢(≧□≦;)』(5発目)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3