「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
参考書籍3 『フランスAOCワイン事典』
2010-03-09 Tue 00:30

                フランスAOC事典

『フランスAOCワイン事典』  三省堂  本体価格:¥5,000
監修:小阪田嘉昭  編:佐藤秀良、須藤海芳子、河清美


この本は、昨年の暮れに日本橋の丸善で見かけ、そのまま衝動買いしてしまいました。

分厚い『ソムリエ協会教本』でさえ、フランスの各AOCについては、その「面積」・「生産量」・「タイプ」・「品種」などが簡単な一覧表として載っているだけで、イメージとしては捉え難く、これがこの勉強をとてもつまらなくしています。もっとも、それ以上詳細な記述をすると、とんでもない厚さになってしまうのでしょうがないとは思いますが。
この本は「400あまりあるAOCワインのほぼすべてを網羅した初の事典!」というだけあって、各AOCの「テロワール」や「ワインの特徴」が詳細かつ分かりやすく紹介され、「基本収量」・「最低天然アルコール度」・「飲み頃」年数・「飲用温度」・「合わせる料理」など『教本』にも載っていない細かで参考になるデーターも網羅されています。付録も「ぶどう品種名一覧」・「フランスのチーズ名一覧」・「料理用語一覧」・「用語解説」など、たいへん充実した内容となっています。
呼称資格試験の参考書としてもオススメですが、それ以上により深くフランスワインの勉強をしたい人にとっても最適の参考書だと思います。
唯一の難点が、これも400頁と分厚く重い本なので、気軽に持ち運びが出来ないことでしょうが、ワインの専門家としては自宅に是非常備しておきたい一冊です。
スポンサーサイト
別窓 | 参考書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ワインによく合う懐かしの唄6 『どうぞこのまま』丸山圭子 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | WOLF BLASS EAGLEHAWK RIESLING ウルフ・ブラス イーグルホーク リースリング 2007>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3