「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
今年最初の千本ノック(その1)
2013-01-19 Sat 02:35
昨日(18日)とうとうブログのカウンターが4のぞろ目に

               44444

これは新年から縁起がいいと、さっそく「かがり火」で今年初めての千本ノック受けてきますた(謎

先ずは白ワイン2種類のブラインドから

      かがり火0118-1

今年の課題はとにかくスピード
決勝もそうですが、予選であっても即断即決で品種・産地を当てない限り、俺たちに明日はありません(謎謎
ということで、1本あたり2分足らずの即決勝負!

①左側の白は、外観はグリーンのトーンが明瞭で、香りもハーブ香がかなりハッキリと感じられます。
②右側の白は、左に比べれば色調は淡く、香りも同じようなハーブのニュアンスが感じられますが、香りも味わいも硬質でミネラルのニュアンスを強く感じます。

慣れ親しんだはっきりとしたハーブ香から、両者共に品種はソーヴィニヨン・ブランと判断、産地は左側は右より温暖な産地であるが、新世界特有の前面に強く出た果実味ではなく、かといってグラーヴのような樽のニュアンスもないため、①ボルドー、アントゥルドゥー・メール、2010年と解答。
右側は、冷涼な産地、しかもかなりミネラル感を強く感じたため、②ロワール地方、サンセール、2010年と解答。

正解は…

      ベルデホ

①産地:スペイン、DOルエダ× 品種:ベルデホ× 収穫年:2011年×

      サンセール

②産地:フランス、ロワール、ACサンセール○ 品種:ソーヴィニヨン・ブラン○ 収穫年:2011年×

う~む。ベルデホは過去何回か試したことがありますが、どちらかというとシャルドネに近い記憶がありましたが…。
3年前の世界最優秀ソムリエコンクール準決勝のブラインドでも、多くの国の代表ソムリエさん達がシャルドネと間違えていましたので、その思い込みもあったかも…。
スペインを代表する白品種であり、これは復習しないといけませんね

先ずはイーブンの滑り出しとなりましたが、ここで夜中の2時半を回りましたので続きは次回へ…。
明日、明後日と早起きして仕事に行かないといけません

では、おやすみなさい
スポンサーサイト
別窓 | かがり火 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<今年最初の千本ノック(その2) | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | トレンティーノ-アルト・アディジェ州、北部アルト・アディジェ地方の正しいワイン生産比率は?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3