「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
【追加・訂正】第5回全日本ワインエキスパートコンクール予選筆記問題
2012-12-15 Sat 00:05
全日本ワインエキスパートコンクールの決勝口頭試問の記事をアップしてから、なんとその決勝戦に出場されたファイナリストの方からコメントをいただき(非公開ですが)、またコンクールの形式や過去問、今回の予選筆記試験問題などなど、たいへん有意義な情報をいただくことができました

試験やコンクールの勉強はたいへん孤独なものですが、こうして一面識もない私に手を差し伸べてくださる“仲間”があちこちにいることに、志を同じくするもの同士の“連帯感”のようなものを感じ、たいへん心強くまた嬉しく感じました

その方の情報より、前回アップした予選筆記問題のより詳しい内容が分かりましたので、追加と訂正をしてみたいと思います
(※問題の順序や文章は、出題順序・文言そのままではないと思われます)

1.MLFは(     )が乳酸菌の働きによって、乳酸に変化する。(     )を埋めよ。

2.補糖の目的を挙げよ。

3.フランスに古代ローマ人が最初にぶどう栽培を伝えたが、それは現在のどの都市か。

4.ボルドーの5つのシャトーの格付けと所在地(コミューン)名を書け
 Ch.Saint-Pierre、Lascombes、La Lagune、du Tertre、Coutet、Doisy Daene、Puoget の 等級と村名(コミューン)を書け。

5.1990年以降でサンテミリオングランクリュの格付が変更された年を2つ書け。

6.コート・ド・ニュイ最大のグランクリュ名。

7.シャブリ1級畑を3つ挙げよ。

8.ラドワ・セリニのグランクリュ。

9.コート・デ・ブランのグランクリュを3つ挙げよ。

10.アンジュ・ソミュール地区の石灰岩の岩の名称。

11.コート・ド・ローヌ・ヴィラージュに付記できる村名の数。

12.赤ロゼ84%で、35000haの栽培面積を有するフランスのブドウ産地。

13.クレレット・ド・ディーの製法は。

14.最上のコニャックのAOC。

15.昔のQmpは、今はなんと言うか。

16.バーデンはEUの何ゾーンか。

17.(追加)リカゾリがもちいた白品種は。

18.リカーゾリの公式に出てくる白ブドウ品種とキアンティを、まがい物から守る法制をした人物名。
 イタリアの法的規制 キャンティ、カルミニャーノ、ポミーノの線引きをした人は。

19.2011年にDOCGに昇格したトスカーナの赤(甘口)。

20.スペインカナリア諸島の酒精強化ワイン名。
 バレアレス諸島のマヨルカ島やカナリア諸島のパルマ島などで作られる酒精強化ワインは。

21.酒精強化ワイン、カルカヴェロスの産地。 
 酒精強化ワイン、カルカヴェロスの国と地方は。

22.オーストリアのトロッケンベーレンアウスレーゼの規定。

23.ハンガリー、バダチョニ周辺の湖名。
 ハンガリーのトランダーニュービアにある微気候の湖は。

24.スイスのドールの主要品種とその最低含有比率。
 スイスのDoleという名のワインは、どこのワインで、品種は、その割合は。

25.スロヴェニアと同緯度にあるフランスの産地。
 スロヴェニアの北緯45度30分から47度に該当するフランスの生産地域はどこ。

26.スロベニアのポドラウイエでのリースリングの呼び名。
 スロヴェニアのポドラウイエのリースリングのシノニムを原語で書け。

27.カダルカのブルガリア名。

28.ヘラクレスの血と呼ばれる赤ワインの品種と産地。

29.カリフォルニア州最北のぶどう産地の郡名。

30.カナダ最大のワイン生産を誇るDVA名。

31.アルゼンチン最大のワイン産地。

32.スペインのトーレス醸造所がチリに開いた会社名。

33.オーストラリアの古木規定BOV。
 バロッサ古木憲章におけるBarossa Old Vine の樹齢は。

34.楠田氏他2名の日本人醸造家が活躍するワイン生産国。

35.南アフリカのワイン産地の気候。

36.全日本ソムリエコンクール歴代の優勝者から3人(名字のみ)

37.スクリューキャップのメリットを箇条書きにする。

38.1トノーは何リットルか。

39.1エーカーは何ヘクタールか。

40.TCAの正式名称。

41.(追加)ボルドーのアンペリアルは何リットル。

42.ディスクから読み取れること。

43.第一アロマは何に由来する香りか。

44.(追加)第二アロマ(   )と乳酸菌がワインに影響を与える。

45.ブーケとは何か。

46.ワインの熟成速度に影響する要素を3つ挙げよ。

47.チューリップグラスを使う品種とその特性。
 チューリップ型のワイングラスにあう 香り、味わい、タイプは。

48.(追加)日本酒税法で酒類とは。

49.(追加)タストヴァンのもともとの意味。

50.(追加)セルヴィス・フレはどういう意味。

51.(追加)シャンパーニュの製造方法の違いを知る指標は何か。

52.マグロなどの乱獲を保護する国際条約。
 黒マグロなど絶滅危惧種を規制する条約。

53.フランスの美食術、地中海料理(スペイン、ギリシャ、イタリア、モロッコ)、メキシコの伝統料理などユネスコの無形文化遺産に登録されていますが、2011年登録された儀式料理はなんですか。

54.レストランにワインを持ち込む場合の注意を箇条書きにする。

55.ワインの楽しみ方を400字で記述。


これで前回掲載した中で何を問うているのか曖昧であった問題や、不明であった問題55問の全容が明らかになったわけですが、さすがに難問揃いですね
中には一般呼称資格試験にも出てきそうなサービス問題もちらほらとありますが、それらは分かって当たりまえで、それこそ“重箱の隅をつつく”ような問題をいかに取りこぼし無く確実にゲットしていけるかが鍵になりそうです

最後になりましたが、情報提供、たいへんありがとうございました
スポンサーサイト
別窓 | ワインアドバイザー選手権大会 | コメント:1 | トラックバック:0 
<<第5回全日本ワインエキスパートコンクール予選筆記問題【模範?解答その1】 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 第5回全日本ワインエキスパートコンクール予選筆記問題>>
この記事のコメント
no.225:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-15 Sat 06:07 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3