「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
(続)日本国内における“国産”ワイン生産量ランキング
2012-12-06 Thu 23:15
前回の件の疑問事項について、ソムリエ協会に質問のメールをしたところ、本日その回答の電話がきました

コンクールの出題に関する質問だったため、門前払いにされることは覚悟の上だったのですが、意外にも(失礼!)きちんと答えていただくことができました。

先ず、統計数値的な根拠については、予想した通り国税庁の「酒税関係統括表」の『果実酒』の課税数量を基にしているとのことでした。
『神奈川県が生産量第2位』が正解ということについては、これまでずっと山梨県が第1位で、神奈川県が第2位ということが常識的な既定の事実となっていたため、それを正解としたとのことでした。
ただこのケースだと、直近2年間の統計数値で“神奈川県が第1位”ということを知っている解答者が、「×」と解答した場合、不正解とされてしまう訳で、なにか釈然としないものが残ります。
出場者の方々は、このコンクールのために数年間も孤独で厳しい闘いを強いられてきたわけで、いささか大袈裟な言い方をすれば、1問の差でその後の人生が変わってしまう可能性のある人だっているわけですから、“直近の統計数値を最優先とする”等の明確な基準が必要ではないかと思った次第であります

また、そのような重要な統計数値については『教本』に掲載すべきではないか?という質問に対しては、年々『教本』がブ厚くなっていることに対しての批判的な意見も多々あり、今後は普遍的な事柄に絞って編集作業を行っていく方針とのことでした。

新しい『教本』は、これまでとは違い年明け早々に新年度版が出版されるそうですが、どのようなものに変わっているか、今から楽しみであります
スポンサーサイト
別窓 | ワインアドバイザー選手権大会 | コメント:5 | トラックバック:0 
<<第5回全日本ワインエキスパートコンクール予選筆記問題 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 日本国内における“国産”ワイン生産量ランキング>>
この記事のコメント
no.220:神奈川二位
今年の日本ワイン検定二級の講習会に行った際に、「神奈川二位」の箇所を繰り返し強調していました。
(試験は、将棋の大会で予定外に勝ち進みo(`▽´)o、受けてません)

日本ワイン検定二級の教本が去年作られたものなので、おそらくそこを踏襲したものかと思います(゜~゜)ノ
2012-12-07 Fri 03:05 | URL | 東雲太郎 #-[ 内容変更]
no.221:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-07 Fri 09:47 | | #[ 内容変更]
no.222:追記
7日づけで、日本ワイン検定の問題訂正がはいっていました。ロベールさんの指摘の影響かもしれませんね。

3級
第17問
日本ワインの生産量第一位の都道府県を問う問題⇒生産年が問題になく、2つの正解がありえる。
受験なさった皆様にはご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、
上記の問題については、無解答の方も含め、全員正解とさせていただきます。
今後このようなことが起こらないよう、細心の注意を払って問題作りに取り組みます。
謹んでお詫び申し上げます。
2012-12-08 Sat 02:48 | URL | 東雲太郎 #-[ 内容変更]
no.223:Re: 追記
東雲太郎様

このたびはコメント及び、情報提供ありがとうございます。
『ワイン検定』でも、意外とマニアックな出題がされているんですね。
『ワイン検定』はソムリエ協会が実施しているわけではないので、協会に
行った質問とは直接関係ないとは思いますが、いずれにしろ統計絡みの
問題については、慎重を期して欲しいと思いますし、誰もが納得のいく
解答であって欲しいですね。
2012-12-08 Sat 21:59 | URL | シャトー・ロベール #-[ 内容変更]
no.224:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-12-10 Mon 11:35 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3