「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
Crios CABERNET SAUVIGNON 2010 クリオス カベルネ・ソーヴィニヨン
2012-08-24 Fri 10:44
まだ一次試験もこれからではありますが、二次テイスティング試験対策と、自分自身のコンクール対策を兼ねて、テイスティングノートを再開したいと思います

本文中のテイスティングコメントは、極力主観を排し、前回アップしました呼称資格試験の模範解答に沿って、多分「これが正解なのではないだろうか」というコメントをしております。

とはいえ、これまでの私自身の経験値に基づく予測なので、これが間違いなく『正解』のコメントです!というわけではありませんので悪しからず・・・。
あくまで、もし同じ銘柄・ヴィンテージのワインを試す機会があった場合の参考として、ご覧いただけたらと思います

そのトップバッターは、アルゼンチン、メンドーサのカベルネ・ソーヴィニヨン。

カベルネ・ソーヴィニヨン自体は、呼称資格の“定番”ともいえる王道品種なのですが、アルゼンチンという国で出題されたのは、今年度のシニアが初めてではないかと思います。


      クリオス・CS1

      クリオス・CS2

Crios CABERNET SAUVIGNON 2010 クリオス カベルネ・ソーヴィニヨン

【生産国・地域】:アルゼンチン、メンドーサ州
【生産者】:DOMINIO DEL PLATA  【輸入者】:(株)アグリ
【品種】:Cabernet Sauvignon、Malbec   【ヴィンテージ】:2010年
【アルコール度数】:14.0% 【タイプ】赤・フルボディ
【購入価格】:¥1,580

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕輝きのある 〔色調〕紫がかった、ガーネット 〔濃淡〕非常に濃い 
〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕豊か 〔外観の印象〕若い、成熟度が高い、濃縮感がある

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる、力強い
〔特徴〕ブラックベリー、ブラックチェリー、メントール、シダ、牡丹、針葉樹、コーヒー、甘草、チョコレート
〔香りの印象〕若々しい、開いている、第一アロマが強い、木樽からのニュアンス

【味わい】
〔アタック〕強い、インパクトのある 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕豊かな 
〔酸味〕円みのある、やわらかな 〔バランス〕豊満な、肉厚な、力強い、まろやか 
〔タンニン分〕力強い、緻密な 〔アルコール〕やや強め、熱さを感じる 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】
フルーティ(濃縮した)、スパイシー
【評価】
成熟度が高く豊か、濃縮し力強い
【供出温度】15~18度
【グラス】中庸、大ぶり
【デカンタージュ】必要なし
【収穫年】2010年
【生産国、地域】アルゼンチン、メンドーサ
【主なぶどう品種】カベルネ・ソーヴィニヨン


『Crios』(クリオス)とは、『子供たち』を意味するそうです。
3つの“手のひら”の絵が印象的なラベルは、アルゼンチン初の女性醸造家である、スサーナ・バルボさんとその子供たちの手を表しているとか。
そんな優しいラベルとは裏腹に、香りと味わいのアタックは、たいへんしっかりと、力強いものがあります。
アルゼンチンのカベルネといえば、チリのものに比べて標高の高い場所で造られていることもあり、黒よりも赤い果実の印象が強く、より繊細さを兼ね備えたものが多かったように思いますが、アルコール度数の高さからくる熱さと、ジャムのような凝縮感がありかなりパワフル。
アメリカン・オークを使用しているためか、フレーヴァーもヴァニラのような甘みが強く、カリフォルニアのカベルネのような濃厚さがあり、この暑い季節にはいささか飲み疲れてしまいます。
もっともそう感じるのは、連日の猛暑で身体的にかなりバテているせいかもしれませんので、涼しくなり体調が戻ってくれば、印象もまた違ってくるのかもしれません。
千円台半ばの価格のワインとしては、熟したぶどうから造られた成熟度の高さと、複雑性を併せ持っており、アルゼンチンワインらしくたいへんコスパの高さを感じさせるカベルネ・ソーヴィニヨン。
ただ、これをブラインドで出されたら、おそらくカリフォルニアかチリのカベルネと答えると思いますが・・・。新世界の中で、国と産地をどのように見分けていくのか?
これが今後の大きな課題のひとつであります。

テイスティングのあと、辛めのカレーライスが食べたくなり、合わせてみましたが、甘味のあるフレーバーと辛さがバッティングしてしまい見事に失敗。
合わせるとすれば、ウナギの蒲焼や甘いタレの焼肉など、同じ“甘さ”を風味に持つ料理に合うのではないかと思われます。
スポンサーサイト
別窓 | アルゼンチンワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<受験されるすべての皆さまのご健闘をお祈りします!! | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 2011年からの呼称資格試験二次テイスティング正解一覧>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3