「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2011年からの呼称資格試験二次テイスティング正解一覧
2012-08-16 Thu 20:09
今回は二次試験のテイスティング試験対策として、2011年のシニア呼称、普通呼称、2012年のシニア呼称資格試験において出題されたワインにつきまして、その正解を一覧表にしてみました。

私の受験した2010年以前を境に、昨年の2011年シニア呼称資格試験からでは、テイスティングについての回答項目や正解コメントが大幅に変更となっており、2010年以前の正解一覧がほとんど役に立たなくなっているため、昨年からのテイスティングコメントについての正解を改めて一覧にしたものです。

したがって、普通呼称のデータがまだ1回分しかなく、出題されるぶどう品種につきましては、普通呼称にはまず出題されたこともない品種(白のアルバニーリョ、赤のマルベック、ジンファンデルなど)が多くありますが、正解のコメントについてはワインのタイプの軽重により、ある程度の傾向がはっきりしてしてきたのではないかと思います。

2010年以前には、【外観】、【香り】、【味わい】それぞれの項目別に、ワインごとに指定された数のコメントを、選択肢から選びマークしていくという方式でありましたが、昨年度より例えば【外観】であれば〔清澄度〕、〔輝き〕、〔色調〕、〔濃淡〕、〔粘性〕、〔外観の印象〕それぞれにコメントを一つ選ぶといった方式に変わっております。

また、例えば白ワインの【香り】のコメントで、それまでずっと“柑橘系果実”という大雑把なコメントが正解とされてきて、これまでずっと不正解であった“レモン”、“グレープフルーツ”といったコメントが正解とされるなど、“正解”コメントそのものが変わっているものがあり、それまでの“常識”が通用しなくなってきています。
あるいは2011年以降、赤ワインの【香り】で多数“正解”コメントとして表れている“牡丹”、“杉”、“血液”、“樹脂”、“ナツメグ”、“丁子”、“シナモン”などというコメントも、これまでは無かった“正解”コメントになります。

今年受験される方々は、試験勉強対策として試すときはもちろん、晩酌でワインを飲むときにも、このコメント一覧それぞれの項目の正解は何か?ということを考えながら試す訓練が必要となります。
特に教本568頁と569頁の『味わいの官能表現チャート』は、一次試験対策としても重要度が高く、このチャートは理解したうえでの丸暗記が必要となります。

全般的な傾向としては、「若々しく軽め」なワイン、「濃縮感のあるしっかりとしたボディ」のワイン、「熟成感が感じられる」ワインそれぞれの【外観】、【香り】、【味わい】には一貫性があることが重要なポイントとなるといえるでしょう。

今年初めて受験される方々は、ぶどう品種は何を中心に勉強すべきか悩むところではありますが、白なら“シャルドネ”、“リースリング”、“ソーヴィニヨン・ブラン”、赤なら“カベルネ・ソーヴィニヨン”、“シラー(ズ)”、“メルロー”(+αとしてピノ・ノワール、サンジョヴェーゼ)といった高貴王道品種に絞って集中的に試すべきだと思います。(私自身が過去エキスパートとアドバイザーを2回受験したときの出題品種は、シャルドネ2回、リースリング2回、カベルネ・ソーヴィニヨン1回、シラー1回となり、やはり絞り込んで正解でした。)
特に最近、ワインの勉強を始めて経験値の浅い方は、同時に違う品種を比較テイスティングすることにより、【外観】、【香り】と【味わい】について、明確にその差を知ることができるので効果的だと思います。

         テイスティングコメント正解一覧(白)         テイスティングコメント正解一覧(赤)
       テイスティングコメント正解(白)      テイスティングコメント正解(赤)
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:2 | トラックバック:0 
<<Crios CABERNET SAUVIGNON 2010 クリオス カベルネ・ソーヴィニヨン | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 8月6日記事訂正m( __ __ )m>>
この記事のコメント
no.202:教えてください!
本年WA2次受験です。いつも参考にしながら、見させてもらってます! テイスティングの要点など、大変参考になります。 
ひとつお伺いしたいのですが、添付の模範解答を見たのですが、
【香り】の特徴の選択肢は、赤については12個以上マークするのでしょうか? それとも「何個か選びなさい」みたいな感じで出題されるのでしょうか?
田舎に住んでいて、2次対策のスクールにも行けず、ネットの情報だけが頼りです。。。。m(__)m
2012-09-14 Fri 01:12 | URL | ワイン太郎 #-[ 内容変更]
no.204:Re: 教えてください!
ワイン太郎様

ご質問ありがとうございます。

昨年度受験した方に確認したところ、【外観】、【香り】、【味わい】などの大枠の中の、それぞれの項目別に解答数が定められているようです。
例えば、【香り】の〔特徴〕については~個選択肢から選んでくださいといった感じです。
注意しなければならないのは、規定の数以上マークしてしまうと、その項目は0点になってしまうことです。

話しは変わりますが、テイスティングについてたいへん参考になるブログは、私が懇意にさせていただいておりますle Pin さんの「ちょっとまじめにソムリエ試験対策こーざ」です。
このブログの一番下の方にリンクを貼っておりますが、ベテランのシニアソムリエさんらしく、とても詳細かつ分かりやすい記述で書かれておりますので、是非ご参考になさってください。

最後になりますが、ワイン太郎様の合格、ご健闘をお祈り申し上げます。
2012-09-15 Sat 14:34 | URL | シャトー・ロベール #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3