「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
フランス概略・ボルドー実戦問題
2010-02-23 Tue 01:39
今回は、フランス概略とボルドーの実戦問題です。
が、ボルドーの最重要問題である格付シャトー(及びポムロールのシャトー)の問題は、取り上げていません。これはここで選択問題を作るとなると数が多すぎてキリがないからという物理的理由に他なりません。
したがって、『酒類飲料概論』の実戦問題はそれで本試験の9割以上はカバーできているはずですが、ここにアップされている問題は、格付シャトー以外の部分的な問題になりますのでご了承ください。

最低限覚えるべきシャトー名は、メドック地区61、グラーヴ地区16、ソーテルヌ地区(第1特別級・第1級)12、サン・テミリオン地区(第1特別級A・B)15、ポムロール地区16の合計120にも及びます。
最初の頃はなかなか覚えられず途方に暮れるかもしれません。私も実際そうでした。しかし、ひたすら繰り返すことで必ず全部覚えることは出来ます。これは年々物忘れがひどくなっている私が出来たことなので保証します。
それが覚えられたら、仕上げとしてこの問題にチャレンジしてみてください。それでフランス概略とボルドーについても9割以上カバーできるはずです。

フランス概略ボルドー実戦問題1      フランス概略ボルドー実戦問題2      フランス概略ボルドー実戦問題3
仏概略ボルドー実戦問題1   仏概略ボルドー実戦問題2   仏概略ボルドー実戦問題3
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ダンテ・ロビノ ボナルダ 2008 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ワインアドバイザーの「raison d'etre レゾン・デートル」=(存在理由)とは?>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3