「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
FONTANAFREDDA BAROLO 2005 フォンタナフレッダ バローロ
2012-01-12 Thu 11:40
今年初めてのテイスティング・ノートは、昨年の年末に続き、ワインの王「バローロ」であります

今回はバローロ地区でも最大手の老舗、「フォンタナフレッダ」社のスタンダードタイプ。
これは『三つのバローロ』の中では大樽熟成で造られる伝統的な製法のバローロ。

はたして前回の「カッシーナ・ロザルバ」とはどんな相違点があるのでしょうか

      フォンタナフレッダ・バローロ05

FONTANAFREDDA BAROLO 2005 フォンタナフレッダ バローロ

【生産国・地域】:イタリア、ピエモンテ州
【格付】:DOCG:BAROLO
【生産者】:FONTANAFREDDA  【輸入者】:モンテ物産(株)
【品種】:ネッビオーロ   【ヴィンテージ】:2005年
【アルコール度数】:13.5% 【タイプ】赤・フルボディ
【購入価格】:¥3,150

【外観】
〔清澄度〕澄んだ 〔輝き〕やや弱め 〔色調〕オレンジがかった、ガーネット 〔濃淡〕 やや濃い 〔ディスク〕やや厚い 〔粘性〕やや強い、豊か 〔泡立ち〕スティル 〔外観の印象〕よく熟した、成熟度が高い、やや熟成した

【香り】
〔豊かさ〕しっかりと感じられる、力強い
〔特徴〕ブルーベリー、ブラックベリー、ブラックチェリー、カシス、干しプラム、乾燥イチジク、しおれたバラ、チェリーリキュール、ドライハーブ、腐葉土、なめし皮、丁子、甘草
〔香りの印象〕
開いている、熟成感が現れている
【味わい】
〔アタック〕やや強い 〔甘み(アルコールのボリューム感も含む)〕まろやか、豊かな 〔酸味〕なめらかな、円みのある 〔バランス〕骨格のある、肉厚な、力強い、がっしりとした 〔タンニン分〕力強い、なめらかな、緻密 〔アルコール〕やや強め、熱さを感じる 〔余韻〕やや長い

【フレーヴァー】フルーティ(濃縮した)、ミネラル感のある、スパイシー

【評価】成熟度が高く、豊か、濃縮し、力強い、長期熟成型、ポテンシャルの高い

【供出温度】15度~18度
【グラス】大ぶり
【デカンタージュ】必要なし、飲む直前
【収穫年】2005年
【生産国、地域】イタリア、ピエモンテ州
【主なぶどう品種】ネッビオーロ

大樽で熟成された伝統的なバローロらしく、香りや味わいは堀賢一さんがいうところの「後天的」なもの。
果実味溢れるクリーンな味わいの新世界的・現代的ワインに慣れた私の舌からすれば、一言でいって「枯れた」味わいで、これが好きだという人は少数派にとどまるかもしれません。
全体的な色調は、C・Sやシラーといったグラスの底が透けて見えないくらい色素量の多い品種からすれば、むしろP・Nに近い感じですが、タンニンは細かいながらもまだ収斂性があり、酸味もしっかりと感じます。この点では同じ熟成タイプのリオハ・レゼルバタイプと共通点が多くあると思いますが、違っているのはアメリカンオーク樽由来のヴァニラのニュアンスが感じられないこと(伝統派の造りでは)でしょうか。
実はテイスティングノートをつけたその日の夕食時に、¥798の『コノスル・C・S・バラエタル』と一緒に飲んでみたのですが、価格が三分の一以下の『コノスル』のほうが香り・味わいの印象が鮮烈で美味しいと感じました。
しかし、翌日にまた飲んでみたところ、香り・味わいともに複雑味が増してきて、後からしみじみとその美味しさが身体に沁み込んでいくように感じました。
最初はピチピチのグラマラスな若いオネーチャンに目が行ってたのが、ふと気がつくとその隣の熟女も話してみると味があっていいな~と思えるような感覚でしょうか・・・(極めてオヤジ的なたとえでスマソ)

このところ、これまで飲んだことのなかった産地・品種にいろいろとトライしているのですが、みえてきたことも多い反面、他の品種との重なる特徴も多くあり、むしろその区別について分からない部分も増えてきました。
これがワインの世界の奥の深いところであり、面白さなのでしょう。
スポンサーサイト
別窓 | イタリアワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<『ワインの自由』/堀賢一著 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | Ch.NENIN 1996 (シャトー・ネナン) 購入>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3