「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
「AOCラングドックワイン試飲会」参加
2011-11-29 Tue 23:57
昨年も同じ時期に開催されたラングドックワイン委員会主催の「ラングドックワイン試飲会」に参加してきました

      ラングドック試飲会1

「AOCラングドックワイン試飲会」
【日時】:2011年11月28日(月) 13:00~17:00
【場所】:東京都港区高輪  グランドプリンスホテル高輪 B1 プリンスルーム
【主催】ラングドックワイン委員会
出展企業35社

昨年はたしか Vin de Pays クラスも出展されていたと思いますが、今年は「AOCワインに限る」という縛りができたみたいで、全般的に昨年よりも出展されているワイン数も少なく、特に白がとても少なかったのが残念ではありました。

会場に着いたのは午後2時くらいだったのですが、「ラングドック」という地味な地域の試飲会のためか、混んではおらず、ゆっくりと試すことができました。

      ラングドック試飲会2

「コノスル」でお馴染みの(株)スマイルさんのブース。いつもながらCPの高いワインを出展されています。写真左から2番目のリムーのシャルドネはムルソーのような濃密さがあり秀逸。

      ラングドック試飲会3

バラの花のラベルがとても印象的なワインのアズマコーポレーションさんのブース。


      ラングドック試飲会4

思わず「ジャケ買い」しそうになる楽しいラベルがいっぱいの(株)エイ・エム・ズィーさんのブース。


      ラングドック試飲会5

『リアルワインガイド』の表紙を飾った「Chateau MARIS」(写真左)と、あのアンヌ・グロが夫のジャン・ポール・トロ氏とともに造るミネルヴォアのワインが並ぶ(株)八田さんのブース。


      ラングドック試飲会6

田崎真也事務所の(株)サンティールからは、Cremant de Limoux の白・ロゼ2本のみの出展で、自信のほどがうかがえますが、2,000円台でシャンパーニュに劣らない品質の確かさは、さすがと言わざるを得ません。

フランスで一番温暖なラングドック(しかもAOCワイン)ということで、当然のことながら凝縮感のあるパワフルな赤が多く、和食というよりはスパイシーなジビエや肉料理に合うものがほとんどなわけですが、中には酸がビシッと効いてエレガントな造りのものも多々あり、この地方の新たな一面を見た思いでありました。
また、これは現在勢いよく伸びている世界各地のワイン生産地域に言えることですが、そこでぶどうを栽培しワインを造る人々の意気込みや情熱がやはり抜きんでており、それが消費者にも伝わって来ていることが大きいのではないかと思えます。
ソムリエコンクールやワインアドバイザー選手権のブラインドではなかなか出題されそうもない地域ではありますが、消費者の立場からはしばらく目の離せない地域であることは間違いありません
スポンサーサイト
別窓 | 試飲会&セミナー | コメント:0 | トラックバック:0 
<<PRIMO FRANCO VALDOBBIADENE PROSECCO SUPERIORE 2010 プリモ・フランコ ヴァルドッビアデネ・プロセッコ・スペリオーレ | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 「Dominique LAURENT Beaujolais Nouveau 2011 ドミニク・ローラン ボージョレ・ヌーヴォー」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3