「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
「OPEN UP プロ・テイスティング32」ワイングラス購入
2011-11-25 Fri 21:38
先日送られてきたソムリエ協会の機関誌に、第13回世界最優秀ソムリエコンクールや先月の全日本最優秀ソムリエコンクールでも公式テイスティンググラスとして使われた仏アルク・インターナショナル社の「オープンナップ プロ・テイスティング」ワイングラスの注文書が同封されていたので、早速FAXで注文。

   オープンナップ プロ・テイスティング1


6客で送料込みで¥6,405也。
1客あたり千円ちょっとと、思ったより安く入手できるので、ほとんど衝動買いに近い形で即購入
とはいえ、かねてから公式テイスティンググラスはどうしても欲しかったので、「渡りに舟」ではあったのですがね

宅急便が届くやいなや、イソイソと即開封

     公式ワイングラス

これまでのワイングラスの常識を覆す、その革新的なフォルムに思わずうっとり
もっとも狭いマンションの一室で、ワイングラスを前に一人うっとり&ニンマリしているオヤジも、いささか気持ち悪いものがありますが・・・

もちろん、眺めるだけではなく、さっそく使ってみたくなるのが飲兵衛の性(サガ)というもの

     フィリップ・ド・メリー ボージョレヌーヴォー2011

前回の白に続き、今度は赤のヌーヴォーを試してみることに

銘柄は前回と同じ「PHILIPPE DE MERY フィリップ・ド・メリー」のBEAUJOLAIS NOUVEAU 2011、ペットボトルで価格は¥800也(早得予約価格)。
外観はヌーヴォーらしい、紫色を帯びた若々しいルビー。
香りもヌーヴォー特有のバナナっぽい、キャンディ香が主体。セメダインのような還元的でケミカルな印象も強く、普通のワインからするとかなり違和感を感じます。
このグラスの特徴として、香りを閉じ込めより増幅させる作用があるとのことで、確かに従来使用していたチューリップ型のグラスよりは、ハッキリと香りの特徴が捉まえられる気がします。
しかし、もちろん味わいまでも増幅されるわけではなく、これまたヌーヴォーらしいフルーティさは感じますが、複雑性などない平板で単調な味わいで、やはりワインだけで飲み進めるには飽きてしまいます。

売っている側が言うのもなんですが、価格が千円を切り、普段ワインを飲まない方々にもワインを注目していただくという意味においてヌーヴォーの存在価値はあるのでしょうが、ではこれでワインの美味しさに目覚め、継続してワインを楽しんでいただく方々の裾野を広げられるか?というと、正直疑問を持たざるを得ません

おっと、話がテイスティンググラスからは随分とずれてしまいましたが、一回使っただけでも香りの輪郭をハッキリとつかみ取るのに秀でているのが分かり、満足度はかなり高いものがあります。グラスを替えるだけで、そのワインの表情が変わるということが、よく理解できるグラスです。今後さらにテイスティングの訓練が楽しくなるものと期待したいと思います。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<「Dominique LAURENT Beaujolais Nouveau 2011 ドミニク・ローラン ボージョレ・ヌーヴォー」 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | PHILLIPPE DE MERY MACON-VILLAGES NOUVEAU 2011 フィリップ・ド・メリー マコン・ヴィラージュ・ヌーヴォー>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3