「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2011年度呼称資格試験「デギュスタシオン」解答
2011-11-16 Wed 01:00
今年度に行われた呼称資格試験(春に行われたシニア資格含む)の「デギュスタシオン」試験の正解を一覧表にまとめてみました。

これをご覧いただくと、昨年までこのブログでもアップしておりました「正解」と傾向が全く変わっていることがお分かりいただけると思います。
これは今年度よりソムリエ協会の呼称資格試験担当に、2000年の世界大会で第3位に入賞された石田博さんが就任されたことが大きく関わっていると推測されます。このことは今年度の教本P526・527に石田さんが作成された「味わいの官能表現チャート」が追加され、それが一次筆記試験にも出題されたことからも明らかだと思われます。

これまでは白・赤それぞれにお決まりの「正解」項目があり、ある程度「決め打ち」が出来たわけですが、今年度からそれが通用しない箇所が多くでてきました。

例えば、【外観】は従来と重なる部分が多くありますが、【香り】に至ってはこれまで全く正解としては使われていないコメントが多数使われております。
また赤ワインではこれまでごく少数であった熟成感のあるワインも出題され、若いワインと熟成感のあるもので、それぞれのコメントにその違いと一貫性が求められていることも明らかな傾向として挙げられます。
また赤・白ともに軽いタイプと重いタイプでもそれぞれに一貫性が求められており、よりそのワインの個性をはっきりと表すコメントが求められていることがお分かりいただけると思います。

まだちょっと早いですが、来年この試験にトライされる方は、以上の点に留意しながらテイスティングの勉強をされる必要があると思います。

        2011年呼称資格試験テイスティング解答(白ワイン)          2011年呼称資格試験テイスティング解答(赤ワイン)
       テイスティング解答(白ワイン)        テイスティング解答(赤ワイン)
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<CASAS DEL BOSQUE Carmenere RESERVA 2010 カサス・デル・ボスケ カルメネール レゼルバ | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ワインAD二次試験 『口頭試問』 問題&解答>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3