「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
全日本最優秀ソムリエコンクール谷選手サービス実技
2011-10-29 Sat 23:30
今回からは、全日本最優秀ソムリエコンクール決勝戦の後半に行われた、サービス実技審査の模様を順番にアップしていきます。

実際のコンクールでは、前回までアップしたワイン3種のブラインドテイスティングに続き、1種類づつのスパークリングワインと日本酒、2種類のスピリッツ・リキュールのブラインドがあり、その後「ワインリストの間違い探し」があるのですが、その部分は割愛させていただきます。

サービス実技審査では、先ずフランス人夫妻と日本人招待客の計4人へのサービス。言葉はここでも英語かフランス語のどちらかを選択しなければなりません。
食前酒にいきなり意表を突く「日本酒のカクテル」の注文。慌てず、まるでバーテンダーのように慣れた手つきでシェーカーを振る谷選手。
続いて直前に渡されていたコース料理のメニューに合った5種類のワインを勧めます(条件は同じ国・品種のワインは勧められないこと)。そして、ここでもさらに意表を突いて「5種類は多いので2種類に絞って勧めてください」とのオーダー。ここでは直前にお勧めした5種のワイン以外を選ばなければなりません。
それが終わると、今度は辰巳琢朗さんがホスト役のテーブルで、ホストのリクエストや質問に答えていくというもの。
最後は、元のテーブルに戻って、「食後酒の代わりにノンアルコールの飲み物を」というリクエストに応え、さらに「ミネラルウォーターで炭酸入りとそうでないものの違いを説明してください」という質問に答えてサービス実技審査の終了となります。

ソムリエコンクールというと、一般的にはブラインドテイスティングだけが大きく取り上げられますが、思いがけないお客さまからのリクエストにいかに柔軟に応え、ご満足いただくのかという即応力が求められていることが、この動画でお分かりいただけると思います。

動画は3選手の順番ごとに3回に分けてアップしていきます。またYou Tube では15分以上の動画のアップが出来ないため、1回につき前半と後半に分けてアップしております。





スポンサーサイト
別窓 | ソムリエコンクール | コメント:0 | トラックバック:0 
<<全日本最優秀ソムリエコンクール定兼選手サービス実技 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 全日本最優秀ソムリエコンクール決勝 佐藤選手ブランドテイスティング>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3