「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
二次試験本番おつかれさまでした
2011-09-27 Tue 11:04
呼称資格試験を受験された皆々さま、長らくの試験勉強たいへんお疲れ様でした。

長期に渡る受験勉強から開放されて、今は皆さまホッと一息つかれ、心地よい(?)解放感に包まれていることと推察致します。

今回のアドバイザー呼称においては、「口頭試問」がこれまでの放送を聴いて選択肢からマークする方式から、試験官の前に立ち応答する本当の意味での「口頭試問」に変わったようで、一変してかなり難易度の高い内容となったようですね。
今年受験した同僚数人から聞いたところでは、皆同じようにグダグダだったようで、これは特別に事前情報をキャッチし対策を立てないかぎりスラスラと答えられる人はいないのではないかと思います。
放送を聴いてマークするのと、試験官の前に立って答えるのでは雰囲気も全く違いますしね。
今回のように、その試験形式が大きく変わるときには事前にその旨アナウンスすべきだと思いますし、日本ソムリエ協会には次回からその点、大きく改善を求めたいと思いますね。

結果発表は10月14日(金)の正午頃ということで、一次発表の時と違いかなり間隔が空くことになり、その間なんとなく落ち着かない日々を過ごされる方も多くいらっしゃると思います。

そして、これはこのブログをお読みいただいている受験者の皆さまへのお願いですが、できましたらテイスティングにおいて例えば、「『品種』○問当たって生産国全部外れたけど合格しました・・・」とか、逆に「『品種』○問当てたけど不合格でした・・・」というような情報をコメント欄に書き込んでいただくと非常にありがたいと思います。
と申しますのは、二次試験における「合格基準」といったものが発表されておらずあやふやで、ある程度の数の情報が得られれば大体の基準がわかるのではないかと思うからであります。

最後になりましたが、このブログをお読みいただいている受験者皆さまの合格をお祈り申し上げます。
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:1 | トラックバック:0 
<<チリワイン試飲会&セミナー参加 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 二次試験テイスティング対策について(その3)>>
この記事のコメント
no.139:二次試験
ロベール様

合格圏内といっていただけると少しほっとします。

品種2つ正解、一つは品種はずしも国正解でCSとシラーでコメントもいくつか重なる部分もあるというところにはちょっと救われた感があります。

テイスティングではワイン一つ正解、リキュール一つ正解を自分の中で最低目標としておりましたので、それと比較しますと個人的には一応最低目標は達成できたのかなと。
(もちろん最終目標は合格ですが)

良い結果が出るよう祈りつつ結果を待ちたいと思います。

また結果ご報告させていただきますね^^

今回の受験に関してご質問等ありましたらなんなりと
言ってくださいね♪
2011-09-27 Tue 14:51 | URL | チョコ #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3