「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
「酒類飲料概論」訂正点
2011-08-04 Thu 00:26
一次試験まであと20日となりましたが、このところ店舗改装が続いていることもあり、なかなか更新も捗らず申し訳ありません

久々にお休みが取れたため、今年度の最新版「教本」と昨年版とを対比し、違っている点をチェックしてみました。
一次試験までには出来るだけチェックしてその結果をアップしたいと思いますが、お盆を控えますます忙しくなっているため、至らないところはご容赦ください。

今回は「酒類飲料概論」での訂正点をアップしてみます。以前このブログでアップした重要ポイントや実戦問題を印刷してお持ちの方は訂正をお願いします。(下記の頁数は最新版のものです)


●〈P65〉:造られるワインは、2億7千万hlで・・・(昨年版:2億8千万hl)

●〈P73〉:南半球でも南緯30度から50度の地域に・・・(昨年版:南半球では南緯20度から40度の地域に)

●〈P73〉:生育期間の日照時間は、1000時間から1500時間である・・・(昨年版:1300時間から1500時間である)

●〈P81〉:清酒の生産量は、・・・最も多いのは兵庫県(全国の約30%)で京都府(同19%)、米どころの新潟県(同8%)と続き・・・(昨年版:兵庫県(全国の約32%)で京都府(同14%)、米どころの新潟県(同約7.8%)と続き)

●〈P103〉:国別ワイン生産量は、イタリアが久しぶりに第1位を奪還したり、6位をキープしていたオーストラリアが9位に転落したりと相当な変化がありますので要注意です。
スポンサーサイト
別窓 | ワインAD受験 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<「フランス」訂正点 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 「ワインの購入、管理と販売」重要ポイント>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3