「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
参考書籍1 ワイナートブック『ワイン基本ブック』
2010-02-14 Sun 02:07
教科書や受験参考書の類はみんな同じですが、受験勉強には大いに役に立っても、それ自体が読み物として面白い訳ではありません。
そこで今まで読んだ中から、受験にも役立ち、かつそれ以降の日頃のワインの勉強にも常に傍らに置いておきたいおすすめの書籍を紹介していきます。

ちょうど今勉強中の「酒類飲料概論」のワインの基本を勉強するのに最適な本がこれです。

               ワイン基本ブック

ワイナートブック わかるワインシリーズ『ワイン基本ブック』
ワイナート編集部・編 美術出版社 本体価格¥2,000

 基本ブック2    基本ブック3

「ブドウの基本14品種」から始まって、ブドウの栽培方法、醸造方法、ブドウ品種の特性、最後には2次試験にも役立つテイスティングの方法なども綺麗な写真とともに詳細かつ分かりやすく載っており、ビジュアル的にも楽しめるので、たいへん「理解」しやすくなっています。
特にブドウ品種別のワインの外観の違いや、同じブドウでも地域や畑、ヴィンテージの違いによる相違点など、また品種別にそれを表現する個々のモノの写真が一覧になっており、文字だけではなかなか分かり難いところもパッと見ただけで分かるようになっています。

ページ数も140ページと、雑誌くらいの厚さなので持ち運びにも苦にはなりません。特にこれから本格的にワインの勉強を始めたいと考えている方には一押しの本です。
スポンサーサイト
別窓 | 参考書籍 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ムートン・カデ・ルージュ2006 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | ワインによく合う懐かしの唄4『20歳のめぐり逢い』>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3