「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
シャトー・レイノン06
2010-01-10 Sun 11:07
                  シャトーレイノン06

今年最初のテイスティングは、漫画『神の雫』にも登場した「シャトー・レイノン」。ボルドー第二大学醸造学部の教授で、「白ワインの法王」と呼ばれるドゥニ・デュブルデュー氏が手掛けるソーヴィニヨン・ブランの白ワインです。

生産国・地域:フランス、AOCボルドー 
生産者:シャトー・レイノン  
輸入者:メルシャン㈱  購入価格:2,680円
品種:ソーヴィニヨン・ブラン100% ヴィンテージ:2006 
アルコール度数:12.5% 
白・辛口

【外観】
スティル、澄みきった、輝きのある、光沢のある、緑色を帯びた、淡い黄色、淡い色合い、 脚のできる粘性

【香り】
豊かな香り、フルーティ、上品な、草のような、ハーブ香、柑橘系、青りんご、ミネラルのニュアンス、木樽のニュアンス

【味わい】
心地よいアタック、爽やかな酸味、生き生きとした酸味、辛口、アフターに苦味、ミディアムボディ、バランスのとれた、切れのよい後味、現在飲み頃、余韻はやや長め7~8秒、調和の取れた、繊細な、しっかりとした構成を持つ

【総評】
グラスに顔を近づけただけで、ソーヴィニヨン・ブランのそれと判るハーブと柑橘系果実のような爽やかな香りが広がる。その中に微かにある樽の香りが奥行きと上品さを醸し出している。アタックはレモンのようなキリッとした酸味がしっかりと感じられ、その後にグレープフルーツのような心地よいほろ苦さが余韻となり長く続く。爽快ではあるが軽すぎず、透明感のある酒質の中にもしっかりとした構成があり、たいへんエレガントな白ワイン。
アペリティフとしても最適ですが、夕食の鶏ガラベースの寄せ鍋に合わせてみたところ、まるですだちポン酢で鍋を食べているみたいな感覚で、これがなかなかよく合います。
ソーヴィニヨン・ブランはその独特のアロマで好き嫌いの分かれる品種ですが、このワインは突出したところがなく、初心者からベテランまで素直に楽しめるワインだと思います。
スポンサーサイト
別窓 | フランスワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<09年度一次筆記試験出題範囲・傾向分析 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 新年明けましておめでとうございます>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。