「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
大震災
2011-03-13 Sun 02:40
田舎の高校を卒業して上京してから、もうかれこれ30年近くになりますが、地震の多い東京でもこれほど激しく長い時間の地震を経験したのは初めてでありました。

「殺される!!」
地震発生当時、店のバックルームにいた私は、本能的に恐怖を感じ、店のビルが万一倒壊した場合に備え裏口付近の大きな柱につかまり揺れが収まるのを待ちました。駐車してあったトラックが跳ねるように揺れ、隣接する10階以上あるマンション郡が目の前で左右に大きく動くのを見ている間、生きた心地がしませんでした。
揺れが収まり、売場に戻ってみるとワインの瓶が相当数割れ、缶ビールや缶チューハイも床上に落下し散乱しておりました。

電車も全てストップしていたため、約1時間半の道のりを徒歩で帰宅したのですが、あれほどの強い揺れにも係わらず、街並みは何事も無かったかのようにいつもと変わらぬ風景であったのが、かえって不思議でありました。
とてもお腹が空いていたので、店を出るときに買ったパンと缶ビールを飲み食いしながら、都心から同じように徒歩で自宅をめざす人々の行列に混じって家まで辿り着くことができました。

震源地は宮城県沖ときいており、「東京でこれだけ大きな揺れだったら、もしかして東北地方は相当な被害なのではあるまいか?」とは感じておりましたが、帰ってすぐにつけたテレビの映像は、想像を絶するものでありました。
特にその津波の猛威により、ほとんど壊滅してしまった市町村がいくつもあることは、皆さまご存知のとおりであり、実際に被災された方々の心情を察するに、発する言葉がありません・・・。

現時点で被害の全体像はまだ明らかになっておらず、まだ1万人もの行方が分からない町もあるとのことで、被害の拡大が懸念されております。
私の住んでおります市川市や隣の浦安市でも、なぜか今日になって断水状態になり、明日からの水の確保が急務となっております。
そんな状況で、とても他人事のようにワインのテイスティングノートをつける気持ちにもなりませんので、落ち着くまで当面お酒に関する記事は休止したいと思います。

今はただ、今回被災された多くの方々にお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧をお祈りするばかりであります。
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<計画停電・・・しばらく休止します | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 「カリフォルニアワインテイスティング2011」参加3月9日(火)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3