「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
トーレス ヴィニャ エスメラルダ 2008
2010-02-08 Mon 12:54
ここ数年間、年に200本くらいのワインを試していますが、価格は高くなくてもハッとさせられる、感動をおぼえるワインにめぐり合うことがあります。
人との出会いでもそうですが、理屈抜きに「この人は・・・」って衝撃的な出会いってありますよね。
このワインも数年前に同僚のM君のすすめで飲んでみたのですが、一口飲んだだけで「これは美味い!」って感動したワインです。「エメラルドのように輝く地中海をイメージして」というラベルの説明文どおり、青い空と海を吹き抜ける爽やかな風のようなイメージの白ワインです。
08ヴィンテージは初めて飲んだのですが、やはり美味しさは変わらず、休日の真昼間から一本開けてしまいました・・・

エスメラルダ1   エスメラルダ2


トーレス ヴィニャ エスメラルダ 2008
生産国・地域:スペイン・カタルーニャ地方  格付:DO カタルーニャ
生産者:ミゲル・トーレス社 輸入者:サントリー㈱
品種:モスカテル85% ゲヴュルツトラミネール15% 
ヴィンテージ:2008 
アルコール度数:11.5% 白・辛口
購入価格:1,780円

【外観】
スティル、澄みきった 輝きのある、光沢のある、淡い麦藁の黄色、ディスクは中程度、水のような粘性、粘性はあまり強くない

【香り】
豊かな香り、優雅な香り、フルーティ、際立った香り、シトラス、ライチ、バラの花、白桃、洋梨

【味わい】
心地よいアタック、爽やかなアタック、爽やかな酸味、生き生きとした酸味、辛口、フレーバーは甘美だがアフターに若干の苦味も感じる、アルコールのボリューム感は弱く、スリムでシャープな印象、ミネラル感のある、バランスはたいへん良い、 後味の切れも良い、余韻はやや長め7~8秒、現在飲み頃、しっかりとした構成をもつ、優雅で繊細な味わい

【総評】
使用品種が、モスカテル(マスカット・オブ・アレキサンドリア)とゲヴュルツトラミネールだけあって、香りはライチやバラの花のように非常に甘美で華やかで、まるでバラの咲き誇る庭園にいるよう。シャルドネを中心とした柑橘系果実主体の印象に慣れた人には、白ワインの新しい世界を見せてくれるワインになるでしょう。
香りは甘美なのですが、飲み口はドライでセック、爽やかでシャープな酸味とミネラル感が全体を引き締め、完成度はとても高いワインです。
アルコール度数も高くないので、休日のランチからいけますし、特に暑い時期にキリッと冷やしてアペリティフには最高でしょう。もちろんワインそのものを手軽に楽しむのにも絶好の白ワインです。これは間違いなく女性にはかなり受けるワインでしょう。まだ飲んだことのない女性には特にお勧めします。



スポンサーサイト
別窓 | スペインワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<酒類飲料概論実戦問題解答3(清酒~ミネラルウォーター・気候) | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 酒類飲料概論実戦問題3(清酒~ミネラルウォーター・気候)>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3