「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
「スマイルワイン試飲会」参加2月22日(火)
2011-02-23 Wed 02:15
コノスルをはじめとするコスパの高いワインの取扱いでご存知の(株)スマイルさんの試飲会に参加してきました。

「第11回スマイルワイン試飲会」
【日時】:2011年2月22日(火) 11:30~16:30
【会場】:東京都渋谷区道玄坂 エクセルホテル東急 6F プラネッツルーム

     スマイル試飲会20110222-01

昨年秋のコノスルセミナーでお会いしたアジア輸出担当のゴンザロ・マリーナ氏がいらっしゃったので、さっそく挨拶してパチリ
もうすでに何度も試したコノスルでありますが、味わう度にそのCPの高さには驚かされます。最高峰の「OCIO」はチリのピノ・ノワールが到達した最高水準の実力を垣間見ることができます。

     スマイル試飲会20110222-02

南仏の旨安王「ジャン・クロード・マス」の「dA」シリーズ。安くて旨いのはコノスルだけではないことを証明してくれるハイCPデイリーワイン。このシリーズは私の勤務する店でも1000円前後では一番売れているワインシリーズであります。

     スマイル試飲会20110222-03

南オーストラリア、ジーロングにある「ペタヴェル」のシリーズ。ラベルもたいへんお洒落ですが、味わいもとても豊潤でクリーンな印象。写真左端の「サウザン・イミグレ シラーズ・ヴィオニエ(¥4007)」は別格の味わい。幾重にも重なった複雑な香りとシルキーな口当たりにハッとさせられます。

     スマイル試飲会20110222-4

この日はイタリアワインも多数出展されており、正統派のキアンティクラシコからスーパータスカンの「GALATRONA(\12000)ガラトローナ」まで幅広く試すことができました。ガラトローナは“トスカーナのペトリュス”と称賛されるだけあって、ベルベットのような舌触りは異次元のワイン。

結局試すことができたのは約50銘柄だったのですが、この日一番の収穫はワインではなく、昨年のワインアドバイザー全日本選手権大会で第3位に輝いたスマイルの佐藤正樹氏に、大会の内容について直接お話を伺えたことでありました。
氏によれば、①筆記試験の出題内容はほとんどが「ソムリエ協会教本」からであること、②回答方式は記述式ではなくマークシートによる選択式であること、③テイスティングに出題される品種は、オーソドックスなものがほとんどで、日頃の訓練もそれらを中心にした方がよいことetc、ということでした。
600頁に及ぶ教本を、また一から暗記し直すのかと思うと気が遠くなりますが、マニアックな薀蓄ではなく基本をしっかりと覚えればいいわけで、チャンスは誰にでもあるのかなと思いました。
年初から現在まで、昨年の試験までに覚え切れなかったドイツの「ベライヒ」と「畑名」を原語で勉強しているのですが、どうやら方向は間違っていなかったようで一安心であります。
明日からまた一歩一歩、自分の力で踏み締めながら、頂上を目指したいと思います
スポンサーサイト
別窓 | 試飲会&セミナー | コメント:0 | トラックバック:0 
<<ソムリエ協会関東支部第1回例会参加2月23日(水) | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | cappuccino pinotage 2009 カプチーノ・ピノタージュ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3