「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
スティーブ・ジョブズ スタンフォード大学卒業式でのスピーチ
2011-02-10 Thu 02:02
私が初めてパソコンを買ったのは、ウインドウズ95が発売されて一大パソコンブームが巻き起こった年でした。

へそ曲がりな私は、世間が「ウインドウズ」一色に染まっているときに「マッキントッシュ」を購入し、その魅力にとり憑かれ、パソコン販売の仕事に携わることになりました。

今回もワインとは全く関係ありませんが、そのアップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズ氏のスタンフォード大学の卒業式におけるスピーチをアップします。
たった二人で民家のガレージから始めたアップルがアメリカンドリームを体現する会社に成長し、しかし自分の作った会社から追放され失意のどん底に突き落とされながらも、不死鳥のようにカムバックを遂げ、さらにガンで余命数ヶ月という宣告を受けながらもまたしても蘇った彼の言葉は、なによりも生きる意味を考えさせてくれます。

これも是非ともご覧いただきたい名スピーチであります。




スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<「合格はまず『結論』から」 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | AXISフォーラム「MITメディアラボ副所長・教授 石井 裕氏 講演会」>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3