「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
ワシントン&オレゴンワインインポーター合同試飲会参加
2011-02-03 Thu 01:45
『2011年 東京 ワシントン&オレゴンワイン インポーター合同試飲会』
【日時】:2011年2月2日(水) 13:00~16:30
【場所】:東京都渋谷区道玄坂 渋谷エクセルホテル東急 6F プラネッツルーム
【主催】:ヴィレッジ・セラーズ(株)、大榮産業(株)、(株)Win Triangle International、(株)中川ワイン販売、オルカ・インターナショナル(株)、ピーロート・ジャパン(株)、(株)KOBEインターナショナル、布袋ワインズ(株)、サッポロビール(株)、三国ワイン(株)、(株)スマイル、ワイン・イン・スタイル(株)

今年初めてとなる試飲会は、アメリカはワシントン州とオレゴン州産ワインの合同試飲会

オレゴンのワインといえば、ウイラメットヴァレーのピノ・ノワールが呼称資格試験の定番ともなっておりますが、アメリカのワインといえばカリフォルニアが中心で、これまでなかなか試す機会がありませんでした。

     ワシントン&オレゴンワイン試飲会01

オレゴンのピノというとブティックワイナリーが多く、価格も高めというイメージが強かったのですが、この日出展されていたワインの価格帯は2000円台が多く、しかもCP的にもレベルが高く新鮮な驚きがありました。

ブドウ品種も定番のピノ・ノワールやシャルドネ以外にも、現在のアメリカのトレンドらしく、ピノ・グリやリースリングといった白品種が目立っておりました。

     ワシントン&オレゴンワイン試飲会02

この日一番印象的だったのが、布袋ワインズが出展していたウイラメット・ヴァレー産の「Novy Blanc de Pinot Noir」(\3900)。世にも珍しいピノ・ノワールの白ワイン。ピノ・ノワールが原料の白ワインといえばシャンパーニュが代表的ですが、これはなんとスティルワイン。白ワインの爽やかさがありながらもピノ特有の旨味がありました。

     ワシントン&オレゴンワイン試飲会03
        この写真の一番右側のワインがピノ・ノワールの白ワインであります

もちろん1万円前後の高額なものも数多く出展されておりましたが、さすがにその価格帯のものになるとブルゴーニュの1erクリュクラス以上に比肩するレベルであることが確かに実感できます。

この日は久々に数十種類のワインを試すことができましたが、今年は2000種類のテイスティングを目標に頑張っていきたいと思いますエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?
スポンサーサイト
別窓 | 試飲会&セミナー | コメント:2 | トラックバック:0 
<<FEUDO ARANCIO CHARDONNAY 2009 フェウド・アランチョ シャルドネ | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 井筒ワインNACカベルネ・フラン2007 マスターソムリエ高野豊セレクション>>
この記事のコメント
no.111:
オレゴン、ワシントンは今熱いですよね。
ピノ、リースリングのレベルは個人的にも突出していると感じており、ますます目が離せない地域、勉強は欠かせない地域です(笑)低価格層もいいのが多いですしね。

来月に開催される、カリフォルニアインスティテュート主催の試飲会に参加予定です。アメリカワインのトレンド、濃くてパワフルは今だ健在か?を確かめてきたいと思っております_φ( ̄ー ̄ )
2011-02-19 Sat 12:10 | URL | ヒロ #8/nNizoM[ 内容変更]
no.112:Re: タイトルなし
ヒロさん、お久しぶりです。

私も馬のことはさっぱりわかりませんが、時々拝見させていただいております。

私もカリフォルニアワインの試飲会は東京会場で参加予定です。
最近続々と試飲会の案内が届き始めましたので、また只酒飲みまくるつもりです^^;
2011-02-20 Sun 10:18 | URL | シャトー・ロベール #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3