「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
DUCA SANFELICE CIRO Riserva 2007 ドゥーカ・サンフェリーチェ チロ・リゼルヴァ
2011-01-22 Sat 01:34
風邪を引いてからかなりたちますが、なかなかしつこくて抜けてくれません。
まだ咳と鼻水が時々出て、鼻も十分利かないためにテイスティングも10日間ほど休んでいたのですが、今日送られてきたソムリエ協会の機関誌『Sommelier』の記事を読んで再開することに

この機関誌で毎回最も楽しみにしている記事が、中本聡文氏、石田博氏、阿部誠氏、佐藤陽一氏という日本代表ソムリエ四氏による座談会なのですが、今回は「テイスティングを鍛える」という、私にとってはかなり興味をそそられる内容でありました。
その座談会の中で出た、ずっと以前に田崎真也さんが主宰されていたテイスティングセミナーの、あるエピソードにハッとさせられました。
「ある人があのセミナーのときに当てられて、『今日は風邪で鼻があまり・・・』と言ったら、『そんなの関係ない。コンクールのときに風邪を引いていたらどうするんだ』と。」かなり厳しく叱られたという話です(-_-メ)

なんか自分が叱られているような気がして、「たしかにそうだよな~」と、気を取り直して急遽やってみることに(`ロ´;)ハッ!
今晩はキムチ鍋の予定だったので、キムチに合うワインとして『神の雫』でも取り上げられたイタリア、カラブリア州の地葡萄「ガリオッポ」種の赤ワインを試してみました。

     ドゥーカ・サンフェリーチェ チロ・リゼルヴァ2007
     ※写真は05年ヴィンテージです

DUCA SANFELICE CIRO Riserva 2007 ドゥーカ・サンフェリーチェ チロ・リゼルヴァ
【生産国・地域】:イタリア、カラブリア州   【格付】:DOC:Ciro
【生産者】:Librandi   【輸入者】:モンテ物産(株)
【品種】:ガリオッポ100%   【ヴィンテージ】:2007年
【アルコール度数】:13.5度   【タイプ】:赤・ミディアムボディ
【購入価格】:2,480円

【外観】
光沢があり、透明感のある 赤味がかったルビー色 脚の出来る粘性、粘性はやや弱い

【香り】
複雑性と熟成感のある香り プラム、ハーブ、甘草、丁子、八角などのオリエンタルスパイス なめし皮、枯れた花、枯れ葉のような熟成感のあるニュアンス

【味わい】
滑らかなアタック 生き生きとした酸味、収斂性を感じる酸味 滑らかなタンニン 辛口、アフターにかけての印象もかなりドライ 中程度のボリューム感 バランスは良いがやや酸味が強い 切れのある後味 現在飲み頃 余韻はやや長く7~8秒 果実味よりも熟成感と複雑性を感じる味わい

【総評】
イタリア南部の赤ワインなので、さぞ黒々と凝縮感を感じさせる濃い色合いなのかなと思いきや、グラスに注いだところ、まるでブルゴーニュのピノ・ノワールのような鮮やかなルビー色にまず驚きました。しかも紫色の若々しさを感じさせる要素はなく、全体的に赤味を帯びて、熟成感も感じさせます。
香りも外観から赤い果実シリーズの果実香を想像したところ、またしても裏切られました。果実的なフルーティな要素よりは、スパイシーで漢方薬臭いオリエンタルスパイスやハーブの香りが支配的で、これまで経験したことのないような不思議でエキゾチックな印象です。
味わいは終始強い酸味が支配的。香り同様果実味はあまり感じることが出来ず、かなり辛口でドライな印象。タンニンの渋味はあまり感じないのですが、飲みやすいワインでは決してなく、非常に個性的で万人受けするタイプではありません。個人的にも、ワインだけで飲み進むのはちょっと厳しいかな~というのが正直なところです。

では肝心のキムチ(鍋)と合わせてみるとどうなるのでしょうか?
これまで色々な赤ワインと試したことがありますが、キムチのヒリヒリとした辛さだけが舌に残り、しっくりと合うワインはありませんでした。
ところがこのワインは、辛さを和らげるだけでなく、白菜の甘味を引き出してキムチの持つ「旨味」を感じさせます。
またワインの味わいも、ワイン単体で試したときに感じた強めの酸味を感じなくなり、乏しかった果実の甘味が前面に出てきます。あれほど辛くてドライな印象だったのがまるでウソのような変貌ぶりです。
しかしそれもそのはずで、この葡萄が作られている地方は唐辛子の産地でもあり、それを使った辛い郷土料理に合うように造られているため、好相性なのは当然なのかもしれません。つまりそれだけを飲むワインではなく、最初から辛い料理と一緒に味わうためのワインなのでしょうね。
今回はキムチでしたが、エビチリなど唐辛子を使った中華料理や韓国料理と、いろいろ試してみたい赤ワインであります。
スポンサーサイト
別窓 | イタリアワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<『テイスティングを鍛える』ソムリエ協会機関誌「Sommelier」118号より | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 今年度の呼称資格試験日程>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3