「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
Domaine Heresztyn Bourgogne Pinot Noir 2002
2010-12-14 Tue 00:43
泡ものに飽き、ヌーヴォーにも飽きたので、「久々に熟成感のある赤が飲みたいな~」とセラーを物色したところ、先月初旬のスペインワイン試飲会の帰りに虎ノ門の「カーヴドリラックス」さんで購入した2002年のブル赤を見つけたので「お~、これこれ」とさっそく試すことに
造り手の日本での知名度は今一つですが、ジュヴレ・シャンベルタン村で1933年より始めたドメーヌで、現在の当主で2代目。同じ村の名門”ドメーヌ・トラペ”で働いていて、醸造学を学び、ジュブレ・シャンベルタンに畑を買ってこの土地に根を下ろしたそうで、最近めきめきと実力を発揮している造り手とのことです。

         Domaine Heresztyn B PN2002-01 Domaine Heresztyn B PN2002-02


Domaine Heresztyn Bourgogne Pinot Noir 2002 ドメーヌ・エリスツィン ブルゴーニュ ピノ・ノワール
【生産国・地域】:フランス、ブルゴーニュ地方  【格付】:AC BOURGOGNE
【生産者】:Domaine Heresztyn   【輸入者】:(株)ファインズ
【品種】:Pinot Noir  【ヴィンテージ】:2002年
【アルコール度数】:12.5%  赤・ミディアムボディ  【購入価格】:¥2100

【外観】
澄みきった、光沢のある、透明感のある、赤味を帯びたルビー色。濃さは中程度。エッジは赤~ややレンガ色を帯び、熟成感を感じる。脚の出来る粘性、粘性は中程度。

【香り】
複雑性のある香り。チェリー、ラズベリーなどの赤い果実。ほのかなヴァニラ香、木樽のニュアンス、なめし皮、腐葉土、紅茶、鉄のニュアンス。

【味わい】
心地よいアタック、生き生きとした酸味、辛口、滑らかに溶け込んだタンニン、中程度のボリューム感、ミネラル感のある、繊細で上品な、バランスはとても良い、切れのある後味、現在飲み頃、余韻はやや長め7~8秒、調和のとれた、繊細で上品な、しっかりとした構成を持つ、複雑性があり熟成感を感じる味わい。

【総評】
「カーヴドリラックス」の綺麗な女性スタッフのお勧めPOPを見て購入したブルゴーニュ赤ですが、これは理屈抜きに素直に「美味しい」と感じるピノ・ノワールですね
格付は最下位の“ブル赤”なれど、ピノ・ノワールが本来持つ潜在能力をとてもよく引き出していると思います。ジュヴレ・シャンベルタン村に本拠を置くドメーヌらしく、力強さと繊細さを兼ね備え、8年経った現在でも若々しい果実味と紅茶やなめし皮のような熟成感の両方を楽しむことが出来ます。生き生きとした酸味とミネラル感が全体を引き締め、とてもバランス良く、まさに「ビロードのような」喉ごしがとても心地よく感じます。
昨日作り置きしたハッシュドビーフとの相性もバッチリで過不足なく、食事も美味しくすすみました
価格的にもブルゴーニュ赤としては安い方ではありますが、それだけに満足度は高く、出会えたことがとても嬉しくなるワインであります
スポンサーサイト
別窓 | フランスワイン | コメント:1 | トラックバック:0 
<<『つい誰かに話したくなる クイズワイン王』/葉山考太郎著 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | BICHAT FRERES Degustasion Beaujolais Nouveau 2010>>
この記事のコメント
no.102:管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-12-14 Tue 22:53 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3