「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
Dominique Laurent Beaujolais Nouveau 2010
2010-11-28 Sun 01:30
       ドミニク・ローラン ボージョレー・ヌーヴォー

Dominique Laurent Beaujolais Nouveau 2010 ドミニク・ローラン ボージョレー・ヌーヴォー
【生産国・地域】:フランス、ブルゴーニュ地方ボージョレー地区
【格付】:AC Beaujolaos
【生産者】:Dominique Laurent  【輸入者】:合同酒精(株)
【品種】:ガメイ   【ヴィンテージ】:2010年
【アルコール度数】:12.5%  赤・ライトボディ  【購入価格】:2480円

【外観】
光沢のある。やや濁りがありグラスの底は見えない。若々しく紫色がかったパープル。脚のできる粘性、粘性は中程度。色素量は多く、脚の伝わったグラスに色素が残る。

【香り】
とてもフルーティで豊かな香り。チェリー、ラズベリー、プラムなどチャーミングな赤い果実の香りが広がる。酸味が強そうな印象の香りで、グラスを回しても赤い果実主体で変化はあまりない。先日試したフィリップ・ド・メリーのときのようなヌーヴォー特有のケミカルな印象はほとんどなく、よりナチュラルな印象。

【味わい】
柔らかで心地よいアタック。溌剌とした酸味、若々しい酸味。柔らかく滑らかなタンニン。香りと同様、赤い果実のフレッシュでフルーティなフレーバーがアフターまで続く。ボリューム感は感じられないが、豊かな果実味に溢れ、フレッシュな酸味が主体の味わい。現在飲み頃。

【総評】
外観で「やや濁りがあり」とネガティブな表現を使ったのは、裏ラベルの但書にもありますように、ほとんど濾過を行っていない造りのための濁りがあるからで、決して劣化からくる濁りではありません。そのため若いワインなのにかなり大量の滓が出て来るので、知らない人はびっくりするかもしれません。
滓が多いのでグラスに注ぐ際には注意が必要なのですが、その分ブドウの旨味がそのまま残っており、搾り立ての果実のようなとてもフレッシュでフルーティなヌーヴォーらしさを存分に味わうことができます。香り味わいともにフレッシュな赤い果実の印象がいっぱいに広がり、最初にその香りを嗅ぐだけで楽しくなってきます。味わいは酸味が主体ですが、若いワインながら尖ったところがなく、とても柔らかくまろやかで飲み飽きしません。
ある程度重いワインに慣れた方々からは「ボージョレー・ヌーヴォーは軽過ぎて・・・」という意見が多く、私もその一人ではありますが、さすがに一流の造り手はその良さを最大限に引き出しており、素直に美味しいワインだと感じることができます。
今年まだヌーヴォーを飲んでいない方、「軽過ぎて・・・」と敬遠されている方に是非味わっていただきたいヌーヴォーであります。
スポンサーサイト
別窓 | フランスワイン | コメント:0 | トラックバック:0 
<<VON BUHL Riesling trocken 2009 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | 参考書籍5『言葉にして伝える技術-ソムリエの表現力』/田崎真也著>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3