「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
AOCラングドック&IGPペイ・ドックワイン試飲会参加
2010-10-05 Tue 01:48
『AOCラングドック&IGPペイ・ドックワイン試飲会』

・日時:10月4日(月)13:00~17:00
・会場:東京都渋谷区桜丘町  セルリアンタワー東急ホテル
・主催:フランス食品振興会(SOPEXA:ソぺクサ)
・出展企業数:60社  試飲ワインアイテム:468種類


久しぶりに若者の街、渋谷に行ってきました。
渋谷にはかって仕事で何年か通っていた時期があったのですが、10年ぶりに訪れたところ、もう随分と街並みも変わっておりました。

今日の試飲会は、フランス食品振興会(SOPEXA:ソぺクサ)主催の大規模なものでありました。
午前中にはセミナーもあったのですが、それには参加せず、午後からひたすら各社のブースを廻ったのですが、4時間かけてもとても60社全部は廻り切れず、よせばいいのに前日の夜に飲みすぎたため、後半は疲れてグダグダになってました(アホ

       20101004ラングドック試飲会1

広い会場は60社のブースと参加者で大盛況でありました。


       20101004ラングドック試飲会2

ワイン専門誌「リアルワインガイド」でもお馴染みとなっております、南仏旨安の帝王ポール・マスのワインもずらり・・・。


       20101004ラングドック試飲会3

“旨安大魔王”の内藤邦夫社長が代表を務めます「カーヴ ド リラックス」のブースもあったため、さっそく名刺交換させていただき、パチリ
価格は千円前後のものがほとんどなのですが、噂に違わず、思わず「ウ~ム・・・」と唸ってしまう、超ハイCPのワインばかりでありました。


この日、結局試飲できたのは70銘柄ほどだったのですが、廻れないブースの方が多くてたいへん残念でした。
それでも実感できたのは、いまや南仏はスペインと並ぶヨーロッパ随一のハイCPワインの一大産地に大きな変貌を遂げており、今後も最も期待できる産地の一つであるということでしょうか。
価格は千円前後から高くても3千円台までのものが大半だったのですが、「おおっ、これは!」と思わせるものが多数ありました。
対価格における満足度からすれば、大多数の消費者に支持されるワインの宝庫であり、量販店に勤める私めとしましては、今後も真っ先に勉強(飲むともいう)しなければいけない産地でありますね
スポンサーサイト
別窓 | 試飲会&セミナー | コメント:0 | トラックバック:0 
<<呼称資格試験二次試験結果発表・・・再登頂成功! | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | BREE WHITE Chardonnay 2009>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3