「虎の穴」へようこそ!全国大会決勝出場を目標に、日々修行中のワインアドバイザーの日記です。
http://robert10.blog108.fc2.com/
2009年産ボルドープリムールワイン試飲会参加 7月6日(火)
2010-07-06 Tue 21:22
昨年に続き、今年も(株)徳岡さん主催のボルドープリムールワインの試飲会に参加してきました。

プリムールとは、収穫の翌年春に、まだ出荷されていない樽で熟成中のワインを先物で買い付けることですが、購入者は瓶詰め後に売り出される2年後よりも安く購入できる可能性が高く、生産者(シャトー)側は出荷前にキャッシュを手に入れることができるという、両者にとってメリットが大きいシステムであります。

【日時】:2010年7月6日(火) 13:00~15:00 (セミナー):13:30~14:30
【会場】:東京都新宿区 ヒルトン東京 3F 大和の間
【セミナー講師】:山本昭彦氏(ワイン・ジャーナリスト)
         ジャン・リュック・テニュヴァン氏(シャトー・ヴァランドロー当主)

セミナーでは上記2氏に加え、シャトー・ラスコンブのオーナー(氏名は失念してしまいました)と徳岡社長から、それぞれ2009年ヴィンテージについての解説がありました。
各氏が異口同音に仰っていたのは、09年ヴィンテージは、ここ直近のグレート・ヴィンテージと言われた00年や05年を凌ぐ、近年稀にみる良い年だったということです。
山本氏によれば、●英デカンター誌6月号においてスティーヴン・スパリアが「人生最高のヴィンテージ」という言葉を載せた。●ワイン・スペクテイター誌は15シャトーのワインに100点級の得点をつけた。●ロバート・パーカーは、赤ワイン21銘柄と、辛口白ワイン2銘柄に100点級の審判。「ボルドーを取材してきた32年間に試飲した中で最良のヴィンテージになるかもしれない」とコメントした。とのことで、各国のワイン専門誌や有名評論家の評価も軒並み高い評価ということでした。
その他の講師の方々も、09年のセカンドワインで、並みの年のファーストを凌駕するくらいの、素晴らしい出来との認識で一致していました。
08年のリーマンショックにより、バブルが崩壊したワインの相場でしたが、ここ数年で急激に伸びている香港・中国市場の投機熱の高まりもあり、09年はトップの銘柄を中心に再び相場は高騰しているとのことでした。

09年の味わいの特徴としては、同じくグレート・ヴィンテージと言われた05年が硬い印象であったのに比べ、非常に円やかで柔らかく、長期熟成ももちろん可能なのですが、若いうちからも美味しく楽しめるということです。
試飲した印象は、もちろんまだ樽で熟成中のワインなので硬いものもありますが、昨年参加した記憶からしても、確かに凝縮感があり、かつたいへん柔らかいものが多いな、という印象を受けました。
この日、出品されていたのは31銘柄でしたが、この日試したワインを、簡単なコメントとともに列挙します(価格はプリムール価格です)。

1.Chateau Mont Perat Blanc AOC:Bordeax Blanc ¥1,410  「神の雫」で有名になったモン・ぺラの白。SBの爽やかな香りと、たいへん厚みのある濃縮感のあるボディが印象的。

2.Chateau Cantelys Blanc AOC:Pessac Leognan ¥2,240  まだ閉じた印象。香り、味わいともにとても柔らかくマイルドで優しい白ワイン。

3.Chateau Smith Haut Lafitte Blanc AOC:Pessac Leognan ¥10,880  凝縮した果実味とミネラル感、しっかりとした酸味の、とてもバランスの良い上質辛口白ワイン。

4.Blanc De Valandraud No1 AOC:Bordeaux ¥4,850  コク、厚みのあるボディ、しっかりとした酸味とミネラル感。とても上質感のあるバランスの良い仕上がり。

5.Chateau Mont Perat Rouge AOC:Cotes De Bordeaux ¥1,660  「神の雫」に登場し、一時価格が高騰したモン・ペラもプリムールではごく普通のワインの価格。黒い果実にスパイシーなニュアンス、芳醇なボディ。この価格は文句なく買いでしょう。

6.Chateau Le Boscq AOC:St-Estephe ¥2,170  サン・テステフのクリュ・ブルジョワ級。まだ閉じた印象なれど、柔らかいタンニンと、ボルドーらしいエレガントさを感じさせるお買い得な赤ワイン。

7.Chateau Lafon Rochet AOC:St-Estephe メドック4級 ¥4,690  フレッシュで、甘くリッチな黒い果実のフレーバー。4級なれど奥行きとスケールの大きさを感じます。

8.Chateau Clerc Milon AOC:Pauillac メドック5級 ¥6,160  フレッシュな赤い果実と、柔らかいタンニン。華やかで、香水のようにフローラルでエレガントな赤ワイン。

9.Chateau d'Armailhac AOC:Pauillac メドック5級 ¥4,740  熟した赤い果実、柔らかなロースト香、ヴァニラのニュアンス。力強さと上品さを兼ね備えた上質な味わい。

10.Chateau Beychevelle AOC:St-Julien メドック4級 ¥7,300  これもフローラルでリッチな味わい。バランスも良く、この4~5級のクラスはたいへんCPが高いと感じました。

11.Chateau Gruaud Larose AOC:St-Julien メドック2級 ¥6,880  黒い果実に甘いフレーバー、コーヒーやブラックチョコのような焦臭を感じます。タンニンは柔らかいですが、硬派な印象。

12.Chateau Rauzan Segla AOC:Margaux メドック2級 ¥10,280  まだ閉じた香りと、硬いタンニン。これが本来のプリムールワインといった印象。果実の凝縮感と力強さのポテンシャルは十分感じられ、大きな将来性を感じさせます。

13.Chateau Lascombes AOC:Margaux メドック2級 ¥10,280  黒い果実主体にインクのようなニュアンスがあり、とても凝縮感のあるリッチな味わい。一時期たいへん評価を落としたときもありましたが、2級にふさわしいスケール感を感じます。

14.Chateau Ferriere AOC:Margaux メドック3級 ¥3,280  華やかなベリー系果実の香り、マルゴーらしいエレガントな赤ワイン。

15.Chateau Sociando Mallet AOC:Haut-Medoc ¥4,450  黒い果実のアロマに、力強くも滑らかなタンニンと膨らみのあるボディのしっかりとした赤ワイン。

16.Chateau Belgrave AOC:Haut-Medoc メドック5級 ¥2,600  フレッシュで凝縮感のある果実味と、滑らかで柔らかなタンニン。芳醇で厚みのあるボディ。この味わいでこの価格もかなりお買い得感あり。

17.Chateau Camensac AOC:Haut-Medoc メドック5級 ¥2,530  カシスのような黒い果実に樽からのスモーキーなニュアンスが印象的です。フレッシュで柔らかい果実味の、これもかなりお買い得感のある赤ワインです。

18.Chateau Chasse Spleen AOC:Moulis-en-Medoc クリュ・ブルジョワ・エクセプショナル ¥2,850  黒い果実にスパイシーなニュアンス、厚みのあるボディにきれいな酸味、バランスはたいへん良くこれもかなりCPの高い赤ワインです。

19.Chateau La Garde Rouge AOC:Pessac-Leognan ¥2,170  ミッシェル・ローランらしく、果実味豊かで柔らかくエレガント。若いうちからも十分楽しめるお買い得ワイン。

20.Chateau Smith Haut Lafitte Rouge AOC:Pessac-Leognan ¥10,730  フルボディの見本のような凝縮感あるアロマと味わい。グラーブからもこんなにも素晴らしい赤ができるとは驚きです。

21.Domaine de Chevalier Rouge AOC:Pessac-Leognan ¥7,720  これもしっかりとした構成を持つ凝縮感ある素晴らしい赤ワイン。甘さを感じるタンニンに綺麗な酸味、フルボディなのに重さを感じさせないシルキーな味わい。

22.Chateau Bel Air Ouy AOC:St-Emilion サンテミリオン特級 ¥2,740  メルローらしい柔らかで豊潤なアロマとボディを感じさせる、左岸のワインとはまた一味違うリッチさを感じさせる赤ワイン。これもかなりの高いCPのワイン。

23.Virginie De Valandraud AOC:St-Emilion セカンドワイン ¥5,760  シンデレラワインValandraudのセカンドでありますが、当主のテニュヴァン氏自身が認めるように、並みの年のファーストを越える可能性あり。価格はその1/7なので、これは今日の大穴中の大穴といえるかもしれません。

24.Chateau La Dominique AOC:St-Emilion サンテミリオン特別級 ¥4,390  完熟した赤や黒の果実に、スパイシーなニュアンスを伴い、豊満かつシルキーな柔らかさと滑らかさを感じさせる素晴らしい赤ワイン。

25.Chateau Valandraud AOC:St-Emilion サンテミリオン特別級 ¥39,350  さすがにプリムールで4万円もするだけのことはあります。今日試した中では最もスケールが大きく、アロマも味わいも郡を抜いていました。このワインを語る語彙をまだ持ち合わせてないことを痛感させられるワインです(このワインに限らずですが)今日の締めに相応しい、幸福感に満たされるワインでありました。

今日の試飲会で感じたことは、これは徳岡社長も仰っていたことですが、価格が高騰していると言われている09年ヴィンテージではありますが、それは一部のメジャーな銘柄に偏っており、格付であってもマイナーなシャトーや一部を除くセカンドワインはさほど値上がりしているわけではなく、かえってそれらはかなりお買い得感が増していることです。
プリムールのレベルですでに10万円台半ば~20万円もする、5大シャトーを始めとする超有名シャトーは、もう庶民に手の届く代物ではないのですが、格付シャトーやブルジョワクラスでもプリムールの価格で1000円台~3000円の、デイリーの価格帯で買えるものがゴロゴロしており、ボルドーフアンにはたまらないヴィンテージとなりそうです。
もっとも、プリムールなので、申込みをしてから手元に届くのは再来年のことなのですがね
さてさて、これから数日間、限られた予算の中で、今年はどれを申し込もうか楽しみながら悩んでみようと思います
スポンサーサイト
別窓 | 試飲会&セミナー | コメント:0 | トラックバック:0 
<<アメリカ実戦問題 | ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 | アメリカ重要ポイント>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| ワインアドバイザー虎の穴 『Q』 |

アフェリエイト3